• 日経平均00
  • ドル円143.85143.86

H2Oは2年ぶり黒字転換 緊急宣言解除で客足回復

阪急阪神百貨店の親会社、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングが10日発表した令和3年4~12月期連結決算は、最終損益が129億円の黒字(前年同期は81億円の赤字)で、4~12月期としては2年ぶりに黒字転換した。緊急事態宣言解除による客足の回復が寄与した。

本業のもうけを示す営業損益は7億円の黒字だった。会計基準を変更したため単純比較はできないが前年同期は10億円の赤字だった。建て替え工事をしていた阪神百貨店梅田本店(大阪市北区)の一部開業が貢献した。

同時に4年3月期の業績予想を上方修正し、売上高を従来の5千億円から5150億円に、最終利益を50億円から110億円にそれぞれ引き上げた。傘下入りした関西スーパーマーケットの業績などを反映した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)