• 日経平均26947.01-54.51
  • ドル円127.65127.68

日米豪印の外相、中国念頭「威圧から解放」で連携

【メルボルン=長嶋雅子】日米豪印4カ国(クアッド)は11日、オーストラリア・メルボルンで外相会合を開いた。中国を念頭に「威圧から解放され、自由で開かれたインド太平洋地域を前進させるための各国の努力を支援することを再確認した」との共同声明を発表。会合では、国境周辺地域でロシア軍が大規模展開するウクライナ情勢をめぐり、ブリンケン米国務長官が「ロシアによるウクライナへの脅迫と複数の国によるロシアの危険な行動への支持は国際規範が挑戦を受けている」とし、中国とロシアの連携を批判した。

会談前に写真撮影に応じる(右から)林芳正外相、ジャイシャンカル印外相、ペイン豪外相、ブリンケン米国務長官=11日午後、メルボルン(代表撮影)
会談前に写真撮影に応じる(右から)林芳正外相、ジャイシャンカル印外相、ペイン豪外相、ブリンケン米国務長官=11日午後、メルボルン(代表撮影)

会合には林芳正外相のほか、ブリンケン氏、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相が出席。外相会合は今回が4回目で、対面では令和2年10月の東京開催以来。

林氏は会合で「台湾海峡の平和と安定が重要だ」と指摘。中国による現状変更の試みに「深刻な懸念」を表明した。共同記者会見では「岸田文雄政権としても『自由で開かれたインド太平洋』の実現を引き続き重視し、具体的な取り組みをさらに強化し、加速化していきたい」と強調した。

ブリンケン氏は共同記者会見で、海洋進出を強める中国を念頭に「南・東シナ海の航行・航空の自由を守るため海洋安全保障の協力を強化する」と強調した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)