• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.18135.24

検索数ではニセコを上回った白馬・小谷エリア 「密」を避けパウダースノーでアクティビティ

「パウダースノー」と呼ばれる良質な雪で知られる長野県の白馬・小谷エリアが、海外の富裕層に人気が高い北海道のニセコエリアを上回り、ウインタースポーツの検索数でトップになったことが、ホテル予約サイトを運営する「ホテルズドットコム」の調査で明らかになった。

北海道ニセコエリアのスキー場は海外の富裕層に人気が高い(Getty Images)※画像はイメージです
北海道ニセコエリアのスキー場は海外の富裕層に人気が高い(Getty Images)※画像はイメージです

ホテルズドットコムの昨年12月の検索データによると、前年2位だった白馬・小谷が検索数トップとなり、前年1位だったニセコが2位になった。3位以下は、新潟県の湯沢・苗場、長野県の志賀高原・湯田中・渋、同県の野沢・木島平・戸狩の順で、いずれも順位は前年と同じだった。

北アルプスの麓にある白馬東急ホテルは、スノーアクティビティも楽しめるホテルだという
北アルプスの麓にある白馬東急ホテルは、スノーアクティビティも楽しめるホテルだという

ただ、検索数は湯沢・苗場が前年比で106%伸びたほか、志賀高原・湯田中・渋(同29%)、野沢・木島平・戸狩(同39%)も伸びており、スキーリゾートの豊富な長野県や新潟県内のエリアに注目が集まっているようだ。

新型コロナウイルス禍でも「3密」(密集、密閉、密接)を避け、雄大な自然の中で楽しめる「スノーアクティビティ」。ホテルズドットコムによると、スノーモービルで引っ張るラフティングボートに乗って、雪上を大滑走する「スノーラフティング」や身体がほてったら水風呂に入る代わりに雪にダイブできる「雪サウナ」がオススメだという。

また、乗れるようになるまで練習と慣れが必要なスキーやスノーボードとは異なり、履いてすぐに靴のように雪の上を歩ける「スノーシュー」というアクティビティも。ネイチャーツアーでは、ふかふかの雪を踏み締めながら動物の足跡など冬の森ならではの発見を楽しむことができるそうだ。




Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)