• 日経平均26739.03336.19
  • ドル円128.10128.13

〈独自〉暗号資産トラブル 大阪の会社代表を逮捕 兵庫県警

大阪の会社代表の男が高配当をうたい、暗号資産(仮想通貨)などへの出資を募りながら配当が滞っていた問題で、兵庫県警は16日、男が国に登録せずに勧誘していたとして、金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。同容疑で男の自宅も捜索し、投資トラブルの実態解明を進める。

任意同行を求められ、捜査車両に乗る佐藤広行容疑者(中央)=16日午前、大阪市西区(須谷友郁撮影)
任意同行を求められ、捜査車両に乗る佐藤広行容疑者(中央)=16日午前、大阪市西区(須谷友郁撮影)

捜査関係者などによると、逮捕されたのはイベント企画などを手がける会社の代表取締役、佐藤広行容疑者(56)=大阪市西区。兵庫や大阪の男女に、暗号資産への投資を無登録で持ちかけていた疑いが持たれている。

佐藤容疑者は「暗号通貨投資アドバイザー」を名乗り、少なくとも5年ほど前から暗号資産のほか、人工知能(AI)を活用して取引するとされる投資ファンドなどを紹介。「1日1%の利益が出る」「元本保証もある」などとうたい、投資を募っていたという。

しかし、配当が滞り、出資金の返還にも応じないため、出資者の一部が佐藤容疑者に損害賠償を求めて大阪地裁に提訴するとともに、兵庫県警に被害を相談していた。

大阪・堀江にある佐藤容疑者の自宅マンションには16日午前7時ごろ、段ボールなどを持った県警の捜査員が入り、佐藤容疑者の部屋を捜索。佐藤容疑者は同9時半ごろ、捜査員に連れられてマンションを出た。

佐藤容疑者はこれまでの取材に「話すことはない」などとしていた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)