• 日経平均27049.47178.20
  • ドル円136.23136.24

東証、一時150円超安 ウクライナ情勢を警戒

17日午前の東京株式市場の日経平均株価は反落した。ウクライナ情勢をめぐる警戒感が根強く、積極的な買い注文が手控えられた。前日の大幅上昇を受け、当面の利益を確定させる売りも目立った。下げ幅は一時150円を超えた。

東京都中央区の東京証券取引所(飯田英男撮影)
東京都中央区の東京証券取引所(飯田英男撮影)

午前終値は前日終値比64円55銭安の2万7395円85銭。東証株価指数(TOPIX)は6・77ポイント安の1939・86。

ロシアはウクライナ国境周辺からの軍部隊の一部撤収を15日に発表したが、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長が16日、ウクライナ国境で「ロシアは軍備増強を続けているように見える」と発言するなど、緊張状態が続く。これを受け、リスク回避の姿勢が強まった。

前日の平均株価が600円近く大幅上昇したことから、17日は利益確定のための売りも出た。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)