• 日経平均26781.68176.84
  • ドル円127.11127.15

親露派地域緊張、避難続く ウクライナ軍6人死傷

ウクライナ東部ドンバス地域の親ロシア派支配地域周辺では19日夜も、敵対するウクライナ政府軍側との間で散発的な銃撃が続いた。ウクライナ軍は2人が死亡し4人が負傷したと発表、親露派側も政府軍が市民の居住区域に迫撃弾を撃ち込んだと主張した。親露派地域からロシア南部ロストフ州へのバスや鉄道による集団避難は続き、インタファクス通信などによると19日夜までに約2万人に達した。

18日、ウクライナ東部の親ロ派支配地域「ドネツク人民共和国」の庁舎近くで爆発した車(タス=共同)
18日、ウクライナ東部の親ロ派支配地域「ドネツク人民共和国」の庁舎近くで爆発した車(タス=共同)

ウクライナ軍は19日夜、同日だけで停戦合意に反する攻撃を70回受けたと表明。親露派「ドネツク人民共和国」の軍事部門は、過去24時間以内に49回の銃撃を受けたと発表した。

ロストフ州では、簡易ベッドを置いた大型テントや、子供向けキャンプ場などで避難者を受け入れている。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)