• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.18135.24

台湾が日本食品の輸入を解禁

【台北=矢板明夫】台湾の衛生福利部(厚生労働省に相当)は21日、2011年の東京電力福島第1原発事故後、福島など5県産の日本食品を対象に課してきた輸入禁止措置を解除する公告を発表した。同日付で発効した。

台湾の蔡英文総統(中央通信社=共同)
台湾の蔡英文総統(中央通信社=共同)

同部は解禁にあたり「国際基準よりも厳格な検査を行い、科学的根拠に基づいて食品の安全を確保する」とし、日本食品輸入に関する今後の方針を発表。一部の食品を「リスクのある特定品目」とし、放射性物質検査の証明と産地証明の添付を求めた。福島など5県産の野生鳥獣肉、キノコ類、コシアブラの輸入は引き続き禁止するとした。

台湾当局は、福島原発事故後、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の5県産食品の輸入を禁止していた。その後、日本政府は解禁を求めて台湾当局と交渉を続け、今月8日、台湾の行政院(内閣)は輸入禁止措置を原則解除する方針を発表していた。

台湾は昨年9月に環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への加入を申請。蔡英文政権は日本食品解禁を通じて、加盟に向けた交渉への弾みをつけたいとしている。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)