• 日経平均27049.47178.20
  • ドル円136.13136.16

転職して後悔しないために知っておきたい6つの失敗事例と予防策

はじめに

転職をするときの理由は人それぞれですが、転職したものの「こんなはずではなかった」「前職に戻りたい」と、後悔する例は少なくありません。せっかく転職して希望の会社に入社しても、また転職を繰り返すことになっては元も子もありません。

この記事では転職の失敗事例と失敗を防ぐためのポイントを紹介します。参考にして、転職活動を成功させましょう。

転職活動でありがちな失敗事例6つ

まずは、転職活動でありがちな失敗例とはどのようなものなのかを把握しておきましょう。

1.雇用条件が説明されていた内容と異なる

入社してみると、面接で説明を受けた雇用条件とは少し違っていたというのは転職活動においてはよくあることです。しかし、あまりにも異なる点が多いと転職という決断が失敗だったのではないかと感じられるでしょう。

待遇が良くなることを期待して入社したのに、待遇や給与などの条件において前職のほうが良かったとなれば、転職した意味自体が分からなくなってしまうかもしれません。

2.社風が合わない

好条件で入社したにもかかわらず、自分が想像していた会社のイメージと、実際の会社の社風にギャップがあった場合も転職が失敗なのではないかと感じられるでしょう。社風は面接では伝わりにくく、実際に入社してみないとわからないことが多いです。

自分が描いていたイメージと違っていても、自分には合っていると感じるのであればいいのですが、自分には合わないと感じてしまうと、その社風の中で働いていくことに自信をなくしてしまうことにもなるでしょう。

3.人間関係が合わない

面接官と話が盛り上がって転職を決めたのに、実際に入社してみると上司や同僚と合わなくて、毎日一緒に働くことが辛くなってしまうという事例もあります。面接時には、実際にどのような社員と一緒に仕事をするのかわからず、入社してみたら雰囲気になじめず自信をなくしてしまうこともあります。

人間関係が原因で前職を退職した人にとっては同じことの繰り返しになってしまい、転職は失敗だと感じるでしょう。

4.自分のスキルとマッチしていない

転職してみて、職場のレベルが自分のスキルとマッチしていないことがあります。自分の経験やスキルが生かせる職場ではなかったとき、また自分のスキルが職場のレベルについていけなかったときは、転職した意義を見出せなくなってしまうでしょう。

前職と似た仕事だからと安易に引き受けたところ、手に負えなかった場合には自信もなくしてしまいます。スキルアップを目指して転職した場合、自分のスキルが生かせない職場に入社したときに転職は失敗だったと考えてしまうでしょう。

5.前職の方が良かったと感じる

実際に働いていたときには感じなかった前職の良さを、離れてみるとあらためて感じるという失敗例もあります。職場の良さは実際に働いているときには感じにくいものです。慣れてくると不満が生じることもよくあることです。

「他の職場だったらもっと評価してもらえるかもしれない」と考えて転職してみたところ、やはり前職のほうが良かったと感じるのなら、それは失敗だったといえるでしょう。転職活動をする前に、一度自分の職場の良さを客観的に評価してみるといいでしょう。

6.職場環境が悪かった

職場環境の変化を求めて転職したものの、思った以上に職場の環境が悪かったという失敗例があります。ハラスメントが横行していたり、サービス残業が当たり前で体をこわす社員も多かったりする職場は、働き続けるのが辛くなってきて転職を繰り返すことになってしまいかねません。

職場環境は転職活動の時点ではわかりにくいことがあるため、職場の環境を優先するのなら、まずは現職の環境を変えられないか考えてみるといいでしょう。転職したばかりの企業の職場環境を変えるのは難しいため、まずは現在在籍している企業の状態を見つめなおすことからはじめるのもいいです。

転職の失敗を防ぐためのポイント4つ

どうすれば転職の失敗を防げるか、ポイントを4点紹介しますので転職する前にチェックしてみてください。

1.転職理由を明確にする

まず転職する理由を明確にしてみましょう。ただなんとなく現在の状況から逃れたいための転職は避けましょう。どの職場にも問題はあります。転職しても同じことで悩むことになってしまう可能性もあります。

本当に転職しなければならないのかを冷静に考え、どうしても転職しなければならない理由が明確な場合に転職活動を始めるようにしましょう。活動を始める前に、転職したい企業の分析を徹底的に行って、同じ理由が生じない環境・社風であるかを研究しておくことも大切です。

2.転職先に求める条件に優先順位をつける

転職活動をするときには、転職先にさまざまな要望があることでしょう。しかし、すべての条件を満たす企業はなかなか見つかりません。

その場合は自分が求める条件に優先順位をつけておくようにしましょう。妥協できる条件を決めておくことで応募できる企業の数も増えてきます。優先順位をつけて譲れない条件と妥協できる条件を整理しておくことが大切です。

3.転職先が決まるまで退職しない

転職活動は在職中に余裕をもって行うようにしましょう。退職してからゆっくりと探そうとすると収入が途絶えてしまうため、転職活動が長引いた場合に金銭的な余裕がなくなって、気持ちにも余裕がなくなってしまいます。

退職してブランクの期間が長くなってしまった場合は企業からの印象も悪くなり、ますます転職がうまく進まなくなるという悪循環に陥ってしまいます。そのため転職先が決まるまでは退職しないようにするほうがいいでしょう。

4.転職エージェントを活用する

転職に失敗しないためには転職エージェントを活用するのもおすすめです。転職エージェントはいろいろな転職の事例を見てきているため、客観的なアドバイスをしてもらえ、相談にものってもらえます。転職したほうがいいのか、今の職場で状況を変えるようにして頑張っていくべきなのかというアドバイスをもとにして、自分のするべきことを考え直せます。

また、転職した後にも相談に乗ってもらえるので、心強いです。転職エージェントにはさまざまなところがありますが、経験豊富で豊富な情報を持っている大手の有名エージェントをまずは活用するのがおすすめです。

まとめ

転職を失敗に終わらせないためには、現在の状況をどうしても変える必要があるのかを客観的に見つめなおすことが重要です。転職を決めたら、さまざまな企業の情報を集めて研究するようにしましょう。

経験や情報が豊富な転職エージェントを利用すると、今まで知らなかったことを知ることもでき、さまざまな相談もできるのでおすすめです。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)