• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.18135.24

中国料理店より勢いがある…コロナ禍の横浜中華街でどんどん増えている「意外な商売」

PRESIDENT Online

最近、横浜中華街でどんどん増えている意外な商売がある。立正大学の山下清海教授は「空き店舗に占い店が入るケースが増えている。コロナ禍でも勢いはとまらず、今では3つのグループが競う激戦区となっている」という--。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/coward_lion
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/coward_lion

※本稿は、山下清海『横浜中華街』(筑摩選書)の一部を再編集したものです。

日中国交正常化から今の「横浜中華街」ができた

横浜中華街は、もともと華僑と日本人が共存する町であった。

それが1972年の日中国交正常化を契機に中国ブームが起こり、中国料理店、中国食料品・物産店、中国民芸品店など中国関係の店舗が増加し、今日の「横浜中華街」イメージが形成されていった。

中国色一辺倒のまちづくりが進む中で、やや性格の異なる店舗が、1978年、横浜中華街に進出した。トルコ語で「寄り合い茶屋」を意味する店名のエスニック雑貨店「チャイハネ」である。

チャイハネのコンセプトは、「インドやネパールを中心とした雑貨と衣料を、暮らしの中に取り入れてもらおう」というものであった(横浜中華街発展会協同組合監修、2005年)。

なぜかエスニック雑貨店「チャイハネ」が大人気に

筆者は、横浜中華街にチャイハネを創業した人がどんな人物であったのか、興味をもって調べてみた。

チャイハネの創設者、進藤幸彦(1939~2016年)は、民俗学を学ぶため東京教育大学(筑波大学の前身)文学部史学方法論専攻に進み、1965年に卒業した(筆者が地理学を学ぶために、東京教育大学理学部地理学専攻を選んだのと共通するところがある。私自身も文学部の教室に行って、史学方法論の民俗学に関する講義を受講した)。

進藤は大学卒業後、東京の本郷高校の教諭を7年間勤め、この間、1969、70年にトルコ政府給付生としてトルコにおいて民族芸能の研究を行った。1973年、高校教諭をやめた後、海外の民芸品などを扱う輸入会社の勤務を経て、自らエスニック雑貨店「チャイハネ」を、1978年に現在の南門シルクロードに創業したのである。

「シルクロード」という絶妙なネーミング

進藤によれば、この場所は横浜中華街の中でも元町がすぐそばにあり、「シルクロードのような西域的な文化を展開するには一番いいと思ったのです。しかも寂(さび)れているから、家賃も安い」。

なお今日の南門シルクロードという街路名は、シルクロード地帯の商品を扱うチャイハネがあったからこそ命名されたものである(横浜商科大学編、2009年、189~206頁/『豆彩』編集部編、2018年、21頁)。

チャイハネが開業する以前の南門シルクロードは、外国人居留地時代は本村通りと呼ばれ、その後、南門通りとなったが、中国料理店などは少なく横浜中華街の裏通り的な道であった。

西洋的でハイカラなイメージをもつ元町から、前田橋を渡り、南門(現・朱雀門)をくぐると南門通りとなり、いよいよ東洋的な中華街に入っていく。西洋と東洋を結ぶのがシルクロード。南門通りが南門シルクロードと呼ばれるように至った「理屈」がここにある。

「NHK特集」によってブームに

開店2年後、「チャイハネ」は人気となった。その追い風となったのが、すでに述べた1980年4月から1年間放送された「NHK特集シルクロード」によるシルクロード・ブームであった。

その後、チャイハネは全国各地に60以上の店舗を展開している(2021年現在)。

南門シルクロードに「パート1」および「パート2」の2店舗を構えるチャイハネに対して、同業種のマライカ中華街店が2009年に進出し、シルクロード的雰囲気をさらに高めている。

いつから占い店が増加したのか

近年、横浜中華街を訪れるたびに感じるのは、占い店の増加である。いったいいつごろから占い店が増えてきたのだろうか。

中華街発展会は毎年、「横浜中華街ガイドマップ」を発行している。過去にさかのぼって調べてみると、2003年版に「その他」のジャンルで、「占いやかた」の本店、3号店、4号店の3軒が記載されている。

独立した「占い」ジャンルが出てくるのが2011年版で、8軒が記載されている。2021年版の「占い」には16軒が記載されている。これらの占い店は中華街発展会の会員であり、このほかに非会員の占い店も少なくない。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)