• 日経平均26804.60-244.87
  • ドル円136.46136.49

40代の転職は厳しい? 40代で転職を成功させるポイントとは

はじめに

一般的に、転職は年齢が上がれば上がるほど難しいといわれています。ピークは30代前半までであり、40代の転職市場は厳しいという言葉も聞いたことがあるでしょう。

しかし、40代だからといって転職を諦める必要はありません。40代ならではの強みを活かしうまくアピールできれば、40代での転職にはとても夢があります。本記事は、40代での転職について詳しく紹介していきます。

40代で転職するメリットは?

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)

一般的に難しいといわれている40代での転職ですが、実は次のような2つのメリットもあります。

▼待遇の改善が期待できる

今の職場での待遇に不満を持っている場合、転職することでそれらの改善を期待できます。40代といえば、ベテラン層ではありますが定年退職まで20年ほどあります。その間、ずっと今の会社への不満を持ち続けて働けるのかと不安になる日もあるでしょう。

思い切って転職することで、職場環境や待遇の改善を期待できるのは大きなメリットといえます。今の職場への不満が給与に関することであれば生涯年収まで変わってきます。それは人生にとって非常に大きなことです。

職場環境のストレスなども不満を持ったまま続けてしまうと、精神的に病んでしまう可能性も十分にあります。これらの先々の不安から解放されることが一番のメリットといえるでしょう。

▼役職上昇のチャンスがある

40代といえば、入社して20年近くたっている人がほとんどでしょう。そうなると、中間管理職などマネジメントや育成のスキルが身についている人はたくさんいます。

しかし、現状では会社の昇給制度や昇格制度が不十分なために正当な人事評価をしてもらえないケースが多々あります。40代の転職では、人事制度がしっかりとした企業に転職することで、役職についたり役職が上昇したりするケースが多いという特徴があります。

そうなれば給与面での優遇や仕事への満足度も大きく変わることになるでしょう。40代の転職には、こういった「役職」についての話も上がってくるため、成功すれば今よりさらにいい環境で働けるようになり、仕事へのモチベーションも上がります。

40代の転職で注意すべきこと3つ

では、40代での転職で注意すべきことは何でしょうか。次の3つの注意点を念頭に入れて転職活動をするようにしましょう。

1.年齢が高いからと諦めない

冒頭にもお伝えしたとおり、一般的に40代の転職は厳しいといわれています。ですがそれは年齢ごとにみた成功率の年齢別データに過ぎません。個別に見てみると、40代で転職を成功させている人は山ほどいるのです。

40代としての転職活動をすることで、転職が成功する可能性は十分あります。「もう40代になってしまったから…」と諦めてしまう人も多いでしょうが、決して諦める年齢ではありません。

2.過去の経歴や経歴にこだわらない

40代にもなると、前職や現在の職場である程度高い地位についている人も多いでしょう。管理職として責任のある仕事をしていたり、多くの部下を育成していたりと、それはもちろん素晴らしいスキルです。しかし、転職時にそれが悪い方向に向き「プライドの高い人」「謙虚さのない人」になってしまうと転職成功からは遠のいてしまいます。

転職が成功した暁には、最初は自分よりも年下の人に仕事を教えてもらったり指導されたりすることになるでしょう。そんなときにそのプライドが邪魔するようでは困ります。過去の経歴は自分のスキルとしてアピールしつつも、謙虚さは忘れないようにしましょう。

3.年収ダウンを恐れない

40代となると20年ほど働いてきた現職では昇給を重ねているため、ある程度給与が高い人も多くいます。ただし、転職先でいきなりその給与と同じ額をもらえるかというと、当然ながらそうはいきません。大体は、転職して最初は年収ダウンしてしまうケースが多いでしょう。

ただし、きちんと人事制度が整っている企業であれば成果に応じて昇格や昇給は見込みがあります。目先の初任給だけを見て「年収が大きく下がるから転職はやめておこう」というのではなく、しっかり募集要項を読み、先の給与についても考えてみましょう。一時的な年収ダウンは覚悟した上で転職活動をすることは、40代での転職成功の秘訣でもあります。

40代の転職を成功させるためのポイント3つ

では、ここからは40代の転職を成功させるためのポイントを紹介します。一般的に厳しいといわれる40代の転職ですが、活動の仕方を工夫することで成功率はぐっと上がります。これから紹介するポイントを参考にしてください。

1.自分の市場価値を把握する

まずは冷静に自分を俯瞰し、自分の転職市場においての価値を把握しましょう。簡単にいえば、どれくらいの企業が自分を欲しいと思ってもらえるかです。それを把握するには、まず自分にはどんなスキルがあるのか、強みや弱みは何かをしっかり把握しなければなりません。

自分が今まで行ってきた業務を思い返し、スキルの棚卸しをしましょう。そうすることで自分を俯瞰でき、どれくらいの市場価値があるのかを把握できます。

2.転職の軸を明確にする

転職活動を始める際、転職の軸を明確に決めましょう。「給与アップ」なのか「昇格制度」「会社の雰囲気」なのかなど、転職の一番の目的を決めるのです。なぜかというと、40代では残念ながら転職が必ず成功するとは限りません。不採用が続く日々の中で「自分の出している条件とは違うけど、この会社でいいか」と妥協してしまう気持ちに陥りがちです。

しかし、それでは転職する意味がありません。最悪の場合、数年働いてまた転職したくなることもあります。そうなると年齢はさらに上がっているため転職成功率も下がります。40代での転職には、「転職をする目的」となる軸を明確にし、ブレないことが大切です。

3.人脈や複数の情報源を活用する

40代ともなると、中には現在の職場の同業者と付き合いがあったり、クライアントと長く付き合っていたりする場合が多いでしょう。そういった人脈や、どの業界にどんな特徴があるかなどの情報をしっかり活用しましょう。

募集要項も大切ですが、現場の声というのは非常にリアリティが高いといえます。だからこそ、今まで培ってきた人脈などを使って「現場を知る」活動をしてみましょう。

40代未経験でも転職しやすい仕事は?

40代の未経験であっても転職しやすい仕事は、以下のような業界があります。基本的に共通点は「人手不足であること」または「経験豊富な人が欲しい会社であること」です。未経験の職種に挑戦しようと思っている人は、次に掲げる職種を一度検討してみてください。

  • IT業界
  • システムエンジニア
  • 営業職
  • コンサルティングなどの接客業
  • 介護職
  • 飲食業
  • 工場の製造業務

これらの職場は、人手不足で「今すぐにでも働いてくれる人が欲しい」と思っている場合が多くあります。そのほか「40代ならではの知識や経験を活かして会社を引っ張っていってほしい」と考えている企業も。

40代ならではの経験豊富な強みを活かし、営業職やコンサルティング業に転職する人は多くいます。自分の強みはなにか・自分は何をしたいのかをしっかり考え、転職先を選びましょう。

まとめ

40代の転職は厳しいイメージがあり、転職活動する前から諦めてしまう人が多い世の中です。しかし、実際には経験豊富な40代を欲しがっている企業はたくさんあります。

大切なのは、自分の強みやスキルをしっかりと把握し、マッチする企業を選ぶことです。「年齢が高いから…」と諦めず、思い切って転職活動を頑張ってみてはいかがでしょうか。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)