• 日経平均28249.2473.37
  • ドル円134.71134.74

たった3年で350店以上に大増殖…ギョーザの無人販売が異次元の速度で出店できるワケ

PRESIDENT Online

1回の出張で1万キロ走って新規店舗を探す

「新規店舗を開発する部隊は現在3人。30代2人と20代1人です。レンタカーを借り、出店を検討している地域へ向かいます。事前に不動産情報を収集してはいますが、実際に店舗を決めるのは彼らの目です。2~3の都市を1人が回ることもあります。5~10店舗ほど見つけて契約してくるまでは帰ってこないので、1万キロ以上は走ることもあるようです。1~2カ月ほど帰ってこないのはザラで、ロックバンドのツアーかと思うぐらいですね」

開発部隊が店を選ぶ場所の基本条件は、駅前や繁華街ではなく、家賃の安い住宅街。さらに、通りからの視認性のよい場所だという。どういうことか。

「人が多い繁華街は家賃が高いですし、多くの方にとってふらっとギョーザを買いに行くような身近な場所ではない。なので、駅前などの優先度は低いです。また、ギョーザの無人販売所は、まだ目新しいモノなので新規のお客さんは入りづらいと思うんです。だから通りから店の中が全て見えるような、視認性の良い場所であることも必須です」

「ただ実際にどこが繁盛店になるかは店を開けてみなければわからないですね。人影が少ない田舎でも、住民同士で各自が気に入った食品を配る文化があるエリアで、1人が大量に買い付けて近所の人に配って大人気店になったなんて例もあります」

開発部隊が見つけた複数の店舗は、ほぼ同時に開店する。そうすることで、配送ルートのムダがないからだ。

「不採算店舗は1店も存在しない」

気になるのはこれだけ拡大した後の勝算だ。過去には短期間で急激に店舗数を拡大したのち、近隣店同士での客の食い合いや、従業員の質の低下などで急失速した飲食チェーンがいくつもある。しかし高野内氏は「飲食チェーン店とは根本的な損益モデルが違う」と真っ向から否定する。

「出店とは言っても、うちは店舗の特性として水回りもいらないし、持ち帰りの冷凍ギョーザを置いておくだけ。電気の動力工事には1カ月ほど時間が掛かりますが、それ以外なら1週間でおおよその店の形ができます」

「開店資金も一般的な飲食事業FC店の10分の1以下で、家賃も安い場所。人件費も少なく、ランニングコストもほぼ掛からない。なので、これだけ店を出しても過剰投資になりようがないのです。現実にこれまで不採算店舗も閉店した店舗はありません」

店舗それぞれに清掃と現金の回収を担当するスタッフは存在するが、常駐はしていない。ギョーザは本社で在庫を管理し、不足している店に必要分だけを日々ルート配送する。

感覚的には飲食店というよりも自動販売機に近い。

「多くの人に手軽にギョーザを」という思いが原点

こんな目からウロコの商売も、「すべては“雪松のギョーザ”をひとりでも多くの人に手軽に、できるだけ安く買えるように」という思いが、この商売に行き着いた要因だという。

「もちろん、売り方もあらゆる方法を検証してきました。決算方法にしても、セルフレジや自動販売機も検討しましたが、伝説の餃子を扱う方法としては軽すぎる。そこで思い切って“賽銭箱に1000円札を入れる”というアナログな無人販売に振り切ってみたんです」

店のつくりは至ってシンプル。お客さんが迷わないよう、商品は36個1000円だけ。味のバリエーションはなく、両替機すら置いていない。

お客さんに協力を委ねる部分を残していることで、不思議と信頼関係が生まれているような気分にもなる。

機能性よりも大事にしていること

「弊社の経営戦略として機能性はもちろん大事にしていますが、実はいちばん大事にしているのが、経営効率を多少落としても情緒性を欠かないということです。正直、現金のみのやり取りでは毎日集金の必要があるし、棚卸した数と金額を合わせる手間が掛かります」

確かに、効率や利益を追求すれば他のやり方がたくさんあるだろう。

「会社にはフランチャイズの問い合わせや、スーパーなどに卸してくれというご要望もずっといただいています」だけど、われわれは80年愛され続けた大事なギョーザを預かっている。僕らはこの秘伝のギョーザ一品で勝負していきたい。製造から最後のお客さんが手に取ってくれるところまでこだわり抜いて自分たちでやり切りたい。そうした“お客さんの心に触れる”ということを大事にしていきたいと思っています」

村瀬 秀信(むらせ・ひでのぶ)

ライター

1975年神奈川県生まれ。旅と野球とチェーン店など。著書に『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』(講談社文庫)、『4522敗の記憶?ホエールズ&ベイスターズ涙の球団史』(双葉社)、『止めたバットでツーベース 村瀬秀信野球短編自撰集』(双葉社)などがある。

(ライター 村瀬 秀信)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)