• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.19135.29

ウクライナ、露と停戦交渉実施で合意と発表

【モスクワ=小野田雄一】ロシアのプーチン大統領は27日、軍高官との会議で、北大西洋条約機構(NATO)首脳らによる声明と米欧などの経済制裁は「非友好的で攻撃的だ」として、核抑止力部隊を高度な警戒態勢に置くよう命じた。米国は、緊張を高める受け入れられない行為だと即座に非難した。一方で、開催場所などをめぐり調整が難航していたロシアとウクライナの停戦交渉について、双方は同日、ベラルーシとウクライナ国境地帯で実施することで合意した。ただ、双方の主張の隔たりは大きいとみられ、停戦が実現するかは不透明だ。

ロシアのプーチン大統領(AP=共同)
ロシアのプーチン大統領(AP=共同)

ロシアによるウクライナ侵攻は27日、第2の都市で東部の要衝ハリコフにロシア軍が侵入し、ウクライナ当局はロシア軍部隊を撃退したと公表した。首都キエフへの攻勢も続いている。 欧米の主要メディアやウクライナメディアによると、27日、一部の露部隊がハリコフの防衛線を突破。市内で戦闘が起きた。ツイッター上には撃破されて炎上する露戦闘車両の動画がアップされている。キエフ近郊のワシリキウではロシアのミサイルが命中した石油貯蔵タンクが炎上した。

ギリシャ外務省によると、東部ドネツク州で26日、ロシア軍の空爆でギリシャの民間人10人が死亡、子供ら6人が負傷した。

露国防省は26日、「ウクライナ軍が住宅などに設置した重火器を取り除くよう、住民は政権側に要求すべきだ」と主張。軍事施設のみを攻撃すると主張してきたロシアが、重火器の設置を理由に民間住宅も攻撃する可能性を示唆した形。ただ、民間施設の被害や民間人の死傷は既にウクライナ側から公表されている。

停戦交渉では一定の進展が見られた。交渉は双方が実施への意欲を表明していたものの、同盟国ベラルーシでの開催を主張するロシアと、他国での開催であれば応じるとしたウクライナが対立。ロシアが27日、ベラルーシ南東部ゴメリに代表団を派遣したと発表する一方、ウクライナは「ロシアがウクライナ軍に武器を置くよう求めたため、交渉を拒否した」と表明するなど、神経戦が続いていた。

しかし、タス通信によると、ウクライナ大統領府は同日、ベラルーシとウクライナの国境地帯での交渉実施に応じると発表した。

露大統領府は27日、プーチン大統領と電話会談したイスラエルのベネット首相が、ロシアとウクライナの停戦交渉仲介を申し出たと明らかにした。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)