• 日経平均26781.68176.84
  • ドル円127.11127.15

入国者情報6万人分漏洩 申請システムに不具合 厚労省

新型コロナウイルスの水際対策緩和で、技能実習生や留学生らの入国申請がオンラインで手続きできる厚生労働省の専用システム「ERFS」に不具合があり、最大で約6万人分の外国人入国者の氏名や生年月日、パスポート番号が一時、各入国申請者に見える状態だったことが2日、同省への取材で分かった。

厚生労働省=東京都千代田区
厚生労働省=東京都千代田区

厚労省によると、3月からの水際対策緩和に先立ち2月25日午前10時に同システムの運用を開始。外部の指摘で2月28日、申請時に特定の操作をすると入国者情報が閲覧できる不具合があることが発覚し、同日午後8時前まで漏洩(ろうえい)状態が続いた。

3月1日までに同システムで申請があったのは約2万7千件で、国が受け付け済み証を発行した外国人は約13万9千人という。

同省担当者は「機能強化に努める」としている。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)