• 日経平均26422.05248.07
  • ドル円144.68144.73

NY原油、一時107ドル台 7年8カ月ぶり、小麦高騰

1日のニューヨーク原油先物相場は急騰し、指標の米国産標準油種(WTI)の4月渡しが同日夕の時間外取引で一時1バレル=107ドル台半ばと、2014年6月中旬以来、約7年8カ月ぶりの高値をつけた。ロシアのウクライナ侵攻による戦闘激化を背景に、小麦や金の先物相場も上昇した。

WTIの1日終値は前日比7・69ドル高の1バレル=103・41ドルだった。欧米などの経済制裁に対抗し、ロシアが原油供給を絞るとの懸念が強まった。国際エネルギー機関(IEA)加盟国が石油備蓄の協調放出を決めたが、相場への影響は限られた。

ロシアの主要輸出品である小麦も、需給逼迫(ひっぱく)への懸念から買いが膨らんだ。シカゴ穀物市場では中心限月が値幅制限いっぱいまで上げ、08年4月上旬以来、約13年11カ月ぶりの高値で引けた。

(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)