• 日経平均27120.53128.32
  • ドル円144.78144.81

バイデン政権の「台湾関与」方針再確認 元米高官、台湾総統に

台湾の蔡英文総統は2日、総統府で米軍制服組トップを務めたマレン元統合参謀本部議長を代表とする米訪問団と会談した。マレン氏は中国を念頭に「米国は一方的に現状変更を図る行為に反対し続ける」と強調。ロシアのウクライナ侵攻を受け、バイデン政権の「台湾関与」政策が揺るがないことを急きょ再確認した。蔡氏は台湾の自衛能力向上に対するバイデン政権の支援に謝意を表明し「台米関係のさらなる緊密化」に期待を示した。

台湾の蔡英文総統(中央通信社=共同)
台湾の蔡英文総統(中央通信社=共同)

訪問団は超党派で、民主党のオバマ元政権で国防次官を務めたミシェル・フロノイ氏や、共和党のブッシュ元政権で国家安全保障会議(NSC)のアジア上級部長を務めたマイケル・グリーン氏らが同行している。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)