• 日経平均00
  • ドル円144.09144.10

「台湾関与」政策は揺るがない バイデン政権の方針再確認

米軍制服組トップを務めたマレン元統合参謀本部議長は2日、台湾総統府で蔡英文総統と会談し、中国を念頭に「米国は一方的に現状変更を図る行為に反対し続ける」と強調。ロシアのウクライナ侵攻を受け、バイデン政権の「台湾関与」政策は揺るがないことを急きょ再確認した。

2日、台湾総統府で会談前にあいさつを交わす米訪問団代表のマレン氏(左)と蔡英文総統=台北(中央通信社=共同)
2日、台湾総統府で会談前にあいさつを交わす米訪問団代表のマレン氏(左)と蔡英文総統=台北(中央通信社=共同)

米訪問団の代表マレン氏は今回の訪台について「米国が超党派で台湾との強固なパートナーシップ関係を支持していることの表れだ」と述べ、台湾海峡の平和と安定は米国と世界の利益に合致すると訴えた。(共同)

蔡氏は、中国が台湾や地域への軍事脅威を高めている上、台湾世論の動揺と分断を狙う作戦も継続していると説明し「台湾は自己防衛の決意を有している」と強調。ウクライナを例に「地域の安定には民主主義国家間の協力が鍵だ」と述べ、米台関係の一層の緊密化を呼び掛けた。

2日、台湾総統府であいさつする米訪問団代表のマレン氏(左)と、蔡英文総統=台北(総統府提供・共同)
2日、台湾総統府であいさつする米訪問団代表のマレン氏(左)と、蔡英文総統=台北(総統府提供・共同)



Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)