• 日経平均25937.21-484.84
  • ドル円144.75144.78

ウクライナ 中国に停戦仲介要請 外相が電話会談

【北京=三塚聖平】中国の王毅(おう・き)国務委員兼外相は1日、ウクライナのクレバ外相と電話会談した。中国外務省によると、クレバ氏は「中国が停戦実現のために仲裁してくれることを期待している」と述べた。王氏は「中国はウクライナとロシアが交渉を通じて問題解決の方法を見つけるよう呼び掛けている」と表明したが、停戦の仲裁に乗り出すかどうかには触れていない。

中国の王毅国務委員兼外相(AP=共同)
中国の王毅国務委員兼外相(AP=共同)

ロシアによる軍事侵攻後、ウクライナと中国の外相が電話会談するのは初めて。中国外務省によると、会談はウクライナ側の要請で行われた。中国は、ロシアとウクライナの双方と密接な関係を持っているため、ロシアによる侵攻後は微妙な立場にある。両国の間に立って仲介を行うかどうかについても、慎重に判断する考えとみられる。

王氏は「ウクライナとロシアに衝突が起きたことに対し、ひどく悲しく感じている」と述べ、一般人に被害が出ていることを極めて注視していると表明した。

また、王氏は「中国政府は、ウクライナの中国公民の安全状況を高度に重視している」と発言。ウクライナ側に、同国からの退避を始めた中国人の安全を確保するよう要請した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)