• 日経平均27834.8956.99
  • ドル円134.52134.53

首相、日米豪印会合でロシア対応協議

岸田文雄首相は3日夜、テレビ会議形式で開かれる日本、米国、オーストラリア、インド4カ国(クアッド)の首脳会合に出席する。ロシアのウクライナ侵攻への対応などをめぐって協議する見通しだ。首相は会合前に官邸で記者会見に臨み、ロシアの侵攻を踏まえて国家安全保障戦略などを改定する考えを示し、「防衛力の抜本的強化を考えていかねばならない」と強調した。

岸田首相=3日夜、首相官邸
岸田首相=3日夜、首相官邸

首相は会見で「(ロシアへの)制裁などではG7(先進7カ国)各国と緊密な連携を図りつつ、アジア各国に働きかけ、わが国として事態打開に向けた貢献をしていく」と述べた。ロシアのオリガルヒ(新興財閥)の資産凍結などの追加制裁も決めたとした。

また、「非核三原則」を堅持して国民の命が守れるのかとの質問に対しては「わが国は自らの防衛力と日米同盟の抑止力で日本の安全を守ってきた」と述べた。その上で「絶えずその体制や準備も何が求められるのか検証、検討し続けることは大事だ」と語った。

北方領土問題に関しては「首脳外交などを通じて事態の緊張緩和に向けて全体の事態を変化させていくのが先だ。緊張緩和が進んだ場合に何ができるか考えていく」と説明した。

クアッドをめぐっては、インドは武器輸入などを通じて伝統的にロシアとの関係が深く、国連総会のロシア非難決議でも棄権に回った。今後、ロシアへの対応で一致点を見いだせるかが焦点になる。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)