• 日経平均27813.7235.82
  • ドル円134.26134.27

日本、石油備蓄750万バレル放出 IEA決定受け

萩生田光一経済産業相は4日の閣議後記者会見で、国際エネルギー機関(IEA)による石油備蓄の協調放出の決定を受け、日本として750万バレルを放出すると発表した。国内消費量の4日分程度に当たる。近く民間の備蓄義務量を現行の70日分から66日分程度に引き下げる措置を1カ月間実施し、市場に放出する。

1日、オンラインで開催されたIEA臨時閣僚会合に出席した萩生田光一経済産業相(右)=経産省(那須慎一撮影)
1日、オンラインで開催されたIEA臨時閣僚会合に出席した萩生田光一経済産業相(右)=経産省(那須慎一撮影)

萩生田氏は「米国に次ぐ750万バレルの放出と合わせて、引き続き産油国に増産を働きかける」と述べた。

IEAは1日、加盟国が連携し6千万バレルを放出すると決定した。ロシアのウクライナ侵攻や各国の制裁措置を受け強まった供給不足への懸念に対応する狙い。ただ、高騰が続く相場に対する影響は限定的となっている。

また萩生田氏は、日本政府が参画するロシアの極東サハリンでの石油・天然ガス開発事業「サハリン1」について「日本のエネルギー安定供給上、重要なプロジェクトだ」と強調した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)