• 日経平均26804.60-244.87
  • ドル円136.41136.44

狭山茶の加工施設集約 省力化で販路拡大に注力 埼玉

日本三大銘茶の一つに数えられる埼玉県西部の特産品「狭山茶」の新たな加工施設が同県狭山市に完成し、10日から稼働する。2つあった施設を集約することで省力化が期待できるといい、運営するJAいるま野は、人員を販路拡大などに振り向けるとしている。

新たな加工施設で行われた、茶葉を選別する機械の試験運転=9日午後、埼玉県狭山市(兼松康撮影)
新たな加工施設で行われた、茶葉を選別する機械の試験運転=9日午後、埼玉県狭山市(兼松康撮影)

新施設の総工費は3億2700万円。「製茶」と「ほうじ茶加工」、茶園から委託を受けそれぞれの特徴に合った茶葉に仕上げる「委託加工」の3つの工程ラインを設ける。

大きさや重さ、色によって茶葉を選別する機械などを旧施設から引き継ぐほか、遠赤外線による火入れ機を新たに導入することで、従来の機械では対応が困難だった茶葉の加工も可能になる。エアシャワーを取り入れるなどして衛生管理体制も強化する。(兼松康)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)