• 日経平均27102.29-209.01
  • ドル円145.01145.02

EU、ロシア産燃料削減へ30年までに依存脱却目指す

欧州連合(EU)欧州委員会は8日、ロシアのウクライナ侵攻を受け、「2030年よりかなり前に」ロシア産化石燃料への依存から脱却する計画を発表した。パリ近郊ベルサイユで10~11日に開かれるEU首脳会議で具体策を議論する。

欧州委員会本部ビルに掲げられたEU旗=ベルギー・ブリュッセル(ロイター)
欧州委員会本部ビルに掲げられたEU旗=ベルギー・ブリュッセル(ロイター)

欧州委は再生可能エネルギーの普及促進やエネルギー効率の向上などの対策により、ロシア産天然ガスなどへのEUの需要を大幅に減らすことができると指摘した。

EUのフォンデアライエン欧州委員長は声明で「われわれを露骨に脅す供給者に頼ることはできない。今すぐ行動する必要がある」と訴えた。

国際エネルギー機関(IEA)によると、EUでは21年の天然ガスの輸入先はロシアが約45%を占めており、特にドイツやイタリアの依存度が高い。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)