• 日経平均26804.60-244.87
  • ドル円136.88136.91

NY株反発、653ドル高 原油相場下落で買い広がる

9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発し、前日比653・61ドル高の3万3286・25ドルで取引を終えた。高騰していた原油先物相場が下落し、景気減速への警戒感が和らいで買いが広がった。上げ幅は一時820ドル超に達した。

ニューヨーク証券取引所のあるウォール街を示すサイン(ロイター)
ニューヨーク証券取引所のあるウォール街を示すサイン(ロイター)

石油輸出国機構(OPEC)加盟国が原油を増産するとの思惑からニューヨーク原油先物相場が急反落し、指標の米国産標準油種(WTI)が前日比15・00ドル安の1バレル=108・70ドルで取引を終えた。小麦などの商品先物価格も下落し、インフレ懸念が後退した。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も反発し、460・00ポイント高の1万3255・55。

ITのセールスフォース・ドットコムや金融・旅行のアメリカン・エキスプレスの上昇が目立った。石油のシェブロンは売られた。(共同)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)