• 日経平均26804.60-244.87
  • ドル円136.38136.39

景況感3期ぶりマイナス 1~3月期、原材料費上昇で懸念高まる

財務省と内閣府が11日発表した1~3月期の法人企業景気予測調査は、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)がマイナス7・5だった。3四半期ぶりに「下降」が「上昇」を上回った。原油や小麦といった原材料価格の上昇による収益圧迫の懸念が高まった。新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大も影響した。

財務省
財務省

2月15日の調査時点では、次の4~6月期はプラス4・7、7~9月期はプラス6・5と景気回復を見込んだが、その後のロシアによるウクライナ侵攻の影響で先行きは不透明感が増している。

全国の大企業の内訳は製造業がマイナス7・6だった。食料品製造業は仕入れ価格の上昇や外食需要の減少で大きく落ち込んだ。化学工業は原材料不足による減産の影響を受けた。非製造業はマイナス7・4。飲食業や宿泊業などのサービス業は客数の減少が響いた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)