• 日経平均28942.14-280.63
  • ドル円135.33135.34

「白バイの過失についてダンマリの怪」東京マラソン“コース間違い”は一度ではなく二度あった

PRESIDENT Online

コース間違えがなければ世界記録は出ていたのか⁉

二度のコース間違いの“被害者”はトップ集団にいた5人だ。特に優勝したキプチョゲは世界記録を出せる可能性もあっただけに、“ダメージ”は大きかった。

第1集団は1km2分54秒ペースの設定で、コース間違えのあった10~11kmのラップは3分09秒に後退した。タイムロスだけで15秒ほどあったと考えられる。さらに無駄なUターンをしたことで体力が削られ(※第1集団は50m8.7秒ペースで走っており、Uターンするためにペースを落とし、再びペースを上げることに体力を使う)、メンタル的にも影響したはずである。また集団の隊列が崩れたことで、それを立て直すのにペースメーカーはさらに余計なエネルギーを使ったことになる。

結果的に見れば、キプチョゲは26km付近でペースメーカーの前に出てレースを進め、大会新&国内最高となる2時間2分40秒で優勝した。世界記録(2時間1分39秒)には約1分及ばなかった。

終盤が向かい風になったため、順調にいったとしても世界記録の更新は難しかったかもしれない。だが、2度のコース間違いがなければペースメーカー(30kmまで引っ張る予定だった)にも選手たちにも体力や精神的な余裕があり、上位3人のタイムは20~40秒ほど上がっていたと予想する。

大会側は「大きなトラブルはなかった」という認識のようだが、レース終了後、他の選手などから「上位3人は規定のコースと違うルートを走ったから失格ではないのか」という抗議があった場合は大きなトラブルになった可能性もある。

日本人トップに輝いた鈴木健吾(富士通)は4位。賞金は100万円だが、上位3人が失格となれば、「繰り上げ優勝」になる。そんな優勝はうれしくないだろうが、手にする賞金は100万円から1100万円にUPすることになるのだ。

キプチョゲから学んでほしい

東京マラソン2021を制したキプチョゲは優勝賞金1100万円と大会記録ボーナス300万円を獲得したが、世界記録なら3000万円のボーナスが出ていたことになる。コース間違いがなければ世界記録にもっと近づけはずだが、キプチョゲは大会に対する不満を一切口にすることはなかった。それどころか感謝の言葉を述べている。

「2時間2分台で走れて、大会記録を更新できてハッピーです。東京五輪のマラソン会場が札幌に移転したことで、東京に戻ってくると約束していました。そして良い走りができて、多くの人たちにインスピレーションを与えることができた。それをうれしく思っています。東京を走らせていただき、ありがとうございました」

コース間違いのことなどまったく気にしていない様子で、終始穏やかな表情だった。記者会見の時間は10分。司会者が終了を告げると、キプチョゲは自らマイクを持って語り出した。

「皆さま、本当にどうもありがとうございました! 皆さまの幸福を祈っております。世界は今、本当に困難な状況にあります。ロシアとウクライナの問題もそうですが、皆が団結すれば必ず解決案は見いだせます。この世にはふたつの人種しかいません。ひとつは問題を起こす人たち。もうひとつは問題を解決する人たちです。われわれが団結して問題を解決するグループになりましょう」

大会側はキプチョゲの言葉から何を感じたのだろうか。

東京マラソンはこれまで海外のメジャーレースと比べても遜色のない素晴らしい大会との評価を得ている。それに筆者も同意する。大会の雰囲気やホスピタリティ、観衆のマナーなどを含めて、全体的に洗練されている印象があるからだ。

またトップ選手からしても東京は走りやすい。海外のメジャーレースもペースメーカーはいるが、東京ほど“正確”ではない。予定していたペースで進まなかったり、ペースが不安定になったりということが少なくないのだ。ペースメーカーの人選と教育。加えてレースディレクターがきっちりと指示を出すなど仕事をまっとうすることでレースの評判は高まっていく。

今回の東京の大会運営に関しても十分に合格点が出せる内容と言えるだろう。好タイムが出たことで、来年以降も海外からビッグネームのランナーが集まってくる可能性もある。

しかし、それだけにコース間違い後のどこか腰の引けた“対応”は残念だ。

人間は誰もがミスをする。だから、そのことをとがめるつもりはないが、原因を明確にする姿勢をもっと打ち出すべきなのではないか。二度にわたるコース間違いがなぜ起きたのか。その要因を大会側は忖度なしにしっかりと説明すべきだろう。それが東京マラソンの“ブランド力”をさらに上げていくことになるのだから。キプチョゲの言葉のように、団結して問題を解決してほしいと思う。

酒井 政人(さかい・まさと)スポーツライター

1977年、愛知県生まれ。箱根駅伝に出場した経験を生かして、陸上競技・ランニングを中心に取材。現在は、『月刊陸上競技』をはじめ様々なメディアに執筆中。著書に『新・箱根駅伝 5区短縮で変わる勢力図』『東京五輪マラソンで日本がメダルを取るために必要なこと』など。最新刊に『箱根駅伝ノート』(ベストセラーズ)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)