• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.20

自民党大会・岸田首相演説詳報

岸田文雄首相(自民党総裁)は13日、東京都内で開かれた党大会で演説し、「自民党が一致団結し、まなじりを決して戦い抜く。私自身がその先頭に立っていく」と述べ、夏の参院選勝利に向けて結束を呼び掛けた。演説の詳細は次の通り。

自民党大会で総裁演説を行う岸田文雄首相=13日午前、東京都港区(矢島康弘撮影)
自民党大会で総裁演説を行う岸田文雄首相=13日午前、東京都港区(矢島康弘撮影)

自民党総裁の岸田文雄でございます。本日、89回目の党大会開催にあたりまして、本日ご出席のみなさま方、全国の党員・党友のみなさま方、全国の各級議員のみなさま方に平素から党勢拡大に大変なお力添えをいただいておりますことを心から厚くお礼を申し上げます。また党本部のみなさん、全国の都道府県連の職員のみなさん、多くの秘書のみなさんをはじめ、われわれ自民党を支えてくださっているみなさんに心から感謝を申し上げます。また、先ほどは友党・公明党の山口(那津男)代表、また経団連の十倉(雅和)会長からも心温まる激励のお言葉をいただきました。誠にありがとうございました。

さて今、われわれがこうしてつどっている瞬間もウクライナにおいては罪のない市民、また将来のある子供たちがロシアの侵略によって尊い命を落としています。改めて力による一方的な現状変更によって、主権と領土の一体性を侵すロシアの暴挙を強く非難いたします。

わが国は、国際社会とともにロシアに強い制裁を科すことで、こうした暴挙には高い代償が伴うことを示していきます。またウクライナに対するさらなる支援を行っていきます。みなさん、今こそ欧州のみならず、アジアを含む国際秩序の安定のために、力を合わせていこうではありませんか。

今回のロシアの暴挙は欧州のみならず、アジアを含む世界の秩序、平和に対する挑戦であり、今回の暴挙をわがこととして捉え、われわれは対応していかなければなりません。

3点、申し上げます。まず第1に、わが国自身の防衛体制の見直し、そして強化をすることであります。国家安全保障戦略など「(戦略)3文書」の見直しを一体的に進め、防衛力を強化していきます。第2に日米同盟のさらなる強化です。今般のロシアの暴挙はわれわれに同盟関係の重要性を再認識させました。幸い、わが国には日米同盟という世界屈指の同盟関係があります。わが国、アジア、そして国際社会の平和と安定の礎として、日米同盟をさらに強固にしていきます。第3に、国際秩序の再構築です。国際社会の平和と安定に大きな責任を持つ国連安全保障理事会の常任理事国であるロシアの暴挙は、新たな国際秩序の枠組みの必要性を示しています。わが国は長年、国連改革、そして安全保障理事会改革を訴えてきましたが、岸田政権のもと、その実現に全力を挙げていきます。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)