• 日経平均26739.03336.19
  • ドル円128.15128.18

デンソーにサイバー攻撃 独拠点、事業に影響なし 身代金要求型か

トヨタ自動車グループのデンソーは14日までに、ドイツにある子会社がサイバー攻撃を受けたと明らかにした。世界で被害が拡大している身代金要求型のコンピューターウイルス「ランサムウエア」の疑いがあり、詳細を調べている。同社は「事業活動への影響はない」としている。

デンソーのサイバー攻撃の犯行声明とみられる画面。闇サイトに掲示された(S&J提供)
デンソーのサイバー攻撃の犯行声明とみられる画面。闇サイトに掲示された(S&J提供)

デンソーによると、今月10日、販売や開発を行うドイツの拠点でネットワークへの不正アクセスを確認した。関連するデータの流出も判明したという。既に現地当局に被害届を出した。

同社は「攻撃を受けたドイツの拠点では、生産活動は行っていない。サイバー攻撃の拡大は確認されていない」と説明している。

デンソーは昨年12月下旬にもサイバー攻撃を受け、メキシコにある子会社が被害に遭った。カーエアコンなどを製造する工場内のサーバーとパソコンから従業員の個人情報が流出した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)