• 日経平均26748.14-253.38
  • ドル円127.37127.38

都、蔓延防止措置の延長求めず 小池知事「病床使用率が基準下回る」

東京都の小池百合子知事は15日、新型コロナウイルス対応をめぐり期限が21日に迫る蔓延(まんえん)防止等重点措置について、国に延長を求めない考えを明らかにした。下降傾向にある感染者や重症者の病床使用率を挙げ、「それぞれが(国の)基準を下回る状況になっている」と説明した。都庁で報道陣の取材に応じた。

小池百合子都知事
小池百合子都知事

小池氏はワクチンの3回目接種が進む現状にも触れ、「(ワクチンも)一つの武器になっている」と指摘。ただ、「リバウンド(感染再拡大)はあっという間にする。警戒を怠ることはない」とも強調した。

都はこれに先立ち、政府に対し、ワクチンや経口薬の確実な供給や、ワクチンの4回目接種を実施する場合の体制づくりなどについて要望書を提出。重点措置の解除後に再び医療提供体制の逼迫(ひっぱく)が見込まれる場合には、重点措置の再適用を含め、適切に対応することも求めた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)