• 日経平均28027.84-134.99
  • ドル円138.53138.56

米、中露協力に警告「深い懸念」 直接高官会議で

米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は14日、ローマで中国の外交担当トップ、楊潔篪(よう・けつち)共産党政治局員と会談し、ウクライナに侵攻したロシアと中国の協力関係に「深い懸念」を表明した。バイデン政権高官が同日明らかにした。中国がロシアの求める軍事・経済支援に応じたり、制裁回避に協力したりする可能性が取り沙汰される中、中国側に警告を発した。

サリバン米大統領補佐官(ロイター=共同)、中国の楊潔篪・共産党政治局員
サリバン米大統領補佐官(ロイター=共同)、中国の楊潔篪・共産党政治局員

約7時間に及んだ会談でサリバン氏は、米国と同盟・パートナー諸国が「ロシアに(侵攻の)代償を支払わせることで結束している」(政権高官)ことを改めて強調し、中国を牽制した。両者はウクライナ情勢のほかにも、台湾海峡をめぐる中国による威圧的な行動や、米中間の安全保障上の危機管理問題など幅広い議題について「集中的で率直な話し合い」(同)を行った。

ロシアをめぐっては、ウクライナに派遣している軍部隊の物資が不足しているとの分析や、外貨建て債務の支払いができなくなるデフォルト(債務不履行)が近づいているとの観測が強まっている。それを念頭に米国務省のプライス報道官は同日の記者会見で、「どの国であってもロシアを救済しようとすれば悪い結果を招くことになる」と述べた。

一方、中国国営新華社通信は15日、同会談でウクライナ問題について意見交換をしたと伝えたが、発言内容など詳細については触れていない。楊氏は、台湾問題について「米国の一連の誤った言行に深刻な懸念と断固とした反対」を表明した。

中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は14日の記者会見で、ロシアのプーチン政権が中国に軍装備品などの支援を要請していると報じられたことに対し「ウクライナ問題で、米国は次から次へと中国を標的にした偽情報をまき散らしている」と反発。具体的な説明は行わず、米側に責任を押し付けた。(ワシントン 大内清、北京 三塚聖平)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)