• 日経平均26863.33-138.19
  • ドル円127.70127.71

バイデン大統領欧州訪問へ 支援拡大協議 1兆6000億円の援助署名

【ワシントン=渡辺浩生】米ホワイトハウスのサキ報道官は15日、バイデン大統領が24日にブリュッセルで開催される北大西洋条約機構(NATO)の緊急首脳会議に出席し、ロシアのウクライナへの「理不尽で不当な攻撃」に対する防衛・抑止策を協議すると発表した。ウクライナ支援と対露制裁の持続と拡大に向け、米欧の結束を確認する。

バイデン米大統領=10日、ワシントン(UPI=共同)
バイデン米大統領=10日、ワシントン(UPI=共同)

バイデン氏は15日、約136億ドル(約1兆6000億円)相当のウクライナ向け援助を含む歳出法案に署名した。ウクライナへの兵器供与など追加的な軍事支援、欧州への米軍増派に伴う経費、国外へ流出する避難民への人道支援などにあてられる。

ウクライナのゼレンスキー大統領は16日午前(日本時間同日深夜)、米議会に向けてビデオ演説する。ロシアが首都キエフを含む主要都市への包囲を強め、民間人の犠牲者が増大する中、同氏は祖国防衛に対する米国の強い関与を議会と政権に訴えるとみられる。

一方、軍事支援の輸送路があるウクライナ西部にロシアの攻撃が拡大して隣接するポーランドなど同盟国への脅威が増しており、バイデン氏はNATO首脳会議で域内の防衛に向けた米国の強固な関与を確認する。バイデン氏は、欧州連合(EU)首脳会議にも出席し、対露経済制裁の強化、避難民らへの人道支援など共通課題に対する米欧の協力を協議する。

サキ報道官は15日の記者会見で、バイデン氏がポーランドを訪問する可能性を問われ「旅程を今まとめているところだ」と述べるにとどめた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)