• 日経平均26677.80-70.34
  • ドル円127.17127.20

米、ウクライナへ追加武器供与 対戦車ミサイルなど総額8億ドル

【ワシントン=渡辺浩生】バイデン米大統領は16日、ロシアの侵攻と戦うウクライナに対し、対戦車ミサイルや対空ミサイルなどの武器を供与する総額8億ドル(約950億円)の追加軍事支援を発表した。

同日、ウクライナのゼレンスキー大統領が米連邦議会でビデオ演説し、飛行禁止区域の設定や戦闘機の供与などさらなる軍事支援を求めたことに呼応した措置とみられる。

ホワイトハウスは今回、主な兵器名と数量を公表。対空ミサイル「スティンガー」800基、対戦車ミサイル「ジャベリン」2000基、戦術無人機100機などが供与される。

ゼレンスキー氏は演説でロシアによる無差別的な攻撃を阻止するため「空を閉じる必要がある」と強調。飛行禁止区域の設定が困難な場合の代案として、旧ソ連・露製の地対空ミサイルシステムS300の提供も求めた。

バイデン氏は飛行禁止区域設定や戦闘機提供の可能性には言及しなかったが、ホワイトハウスは「ウクライナ軍がすでに訓練を受けている長距離防空システムを追加的に獲得できるよう支援している」と明らかにした。

これに関連し米国防総省高官は16日、東欧の同盟国スロバキアが保有する防空システムを提供する方向で、欧州訪問中のオースティン米国防長官が現地で調整する見通しを示した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)