• 日経平均26781.68176.84
  • ドル円127.11127.15

マーチャンダイザーの仕事は? バイヤーとの違いや仕事内容・なり方まで徹底解説

はじめに

アパレル業界で働いたことがある方は、「マーチャンダイザー」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。マーチャンダイザーの仕事はバイヤーと混合されやすいですが、その仕事内容や目的は色々と違いがあります。

本記事では、マーチャンダイザーの仕事内容からやりがい・スキルやなり方まで、徹底的に詳しく解説していきます。

マーチャンダイザーとは?

※画像はイメージです(GettyImages)
※画像はイメージです(GettyImages)

そもそもマーチャンダイザーとは、そのお客様にとってより適切なものを適切な価格で、提供するアドバイザーのような仕事を担う人のことをいいます。自社商品を売るという目標だけでなく、それ以前にお客様が本当に求めているものは何か、価格から質・それを買うタイミングまで見極めてお客様にご案内することが重要です。

バイヤーとの違いについて

バイヤーの仕事は、商品の買い付け・在庫管理から販売までを担当することが多くなっています。そのため、常にトレンドに目を向け、どのような商品がどれくらい売れるかを予想し、それらを目標通りお客様に売ることがバイヤーの仕事です。

一方、マーチャンダイザーとは商品の買い付けなど以前に自社商品の開発や商品販売の企画などにも携わり、「どのような商品を生み出せば企業にとってどれくらい利益が出るか」なども検討します。マーチャンダイザーはバイヤーと比べて、より本部に近い働きをするイメージです。

マーチャンダイザーの仕事内容

マーチャンダイザーの仕事は、自社商品を生み出すところから目標通りに売れるまで、1つの企画の責任者として業務を行うことです。具体的には、以下のようなことが主な業務です。

1.トレンド・市場調査・売上動向の分析を行う

2.分析結果をもとに、商品の開発を行う

3.具体的に商品化が決まれば、販売方法・方針・目標などの確定

4.販売が開始されたあとは、各店舗の販売指導や目標達成具合などのマネジメントを行う

企業によっては、商品化・販売方法や方針・目標確定までを担当し、商品が陳列したらバイヤーにバトンタッチするところもあります。ただし、やはり1つの商品を作りだした責任者として、それがきちんと目標を遂げているか最後まで見届けることはマストになるでしょう。

このようにより企業の本部側に近い業務が多く、商品に関する知識だけでなくマーケティングの知識やトレンドへの敏感さ・商品化に関する知識など、さまざまなスキルが求められることになります。

マーチャンダイザーのやりがい

聞いただけでも「難しそう」「大変そう」な仕事ですが、その分やりがいは大きなものです。自分が考えた商品が全国的にヒットしたり、使用している人を見かけたりすると「頑張ってやってきてよかった」と大きな喜びを感じるでしょう。

そこまで規模が大きくなくても、各店舗で定めた目標を達成することで企業に利益をもたらすことができ、会社に貢献できます。責任者としてこれ以上に嬉しいことはないでしょう。大変な分とてもやりがいの大きな仕事で、やりがいを感じやすい仕事だといえるでしょう。

また、商品の初めの企画から制作にかかる仕入れや販売など、最初から最後まで一貫してその商品に関する仕事をします。中長期的にはなりますが、それが商品棚に陳列されたときには、大きな達成感を得られます。

マーチャンダイザーに求められるスキル・資格

マーチャンダイザーになること自体には、特に必須資格はありません。資格を持っていなくてもなることはできますが、紹介してきた通り仕事は幅広い業務を専門的に担うことになります。そのため、マーチャンダイザーに転職したい場合に、あらかじめつけておいた方がいいスキルや取っておいた方が有利な資格があります。

【マーチャンダイザーになるために必要なスキル】

・マーケティングに関する知識

・コミュニケーション能力

・市場動向、トレンドの調査

・その業界での販売員の経験

【マーチャンダイザーになるためにおすすめの資格】

・ファッションビジネス能力検定

アパレル系のマーチャンダイザーを目指すなら、こちらの検定を受けておくことをおすすめします。意外に取っている人は少ないかもしれませんが、マーケティングの基礎知識から流通戦略・マネジメントにおける知識まで学べるため、取っておくとその知識を確実に活かせます。

マーチャンダイザーの仕事に向いている人

マーチャンダイザーの仕事は多岐に渡る業務の範囲と、中長期的に戦略を練り仕事をやり遂げる必要があります。それらを加味し、マーチャンダイザーの仕事に向いている人の特徴を紹介します。

・コミュニケーションが好きな人

・ものづくりが好きな人

・想像力、独創的なアイデアを持つ人

・中長期的なスケジュールを組んで、最後までペースダウンせずやり遂げられる人

・売上げや市場動向などの分析が好きな人

・幅広い業務を一度に行うことにストレスを感じない人

これらの特徴をすべてクリアする必要はありませんが、幅広い業務をこなすことが求められますから、その業務自体が好きであったり、自分では知識や手が足りないと思ったときに素直に人に頼ったりする必要があります。

難しく感じるかもしれませんが、決して1人で仕事をするわけではありません。そのため、ときには周りに力を借りながら仕事を進めていくというコミュニケーションスキルも必要です。

マーチャンダイザーへの転職を目指す方法

まずは百貨店などの販売員の経験を経てからというケースが多い傾向にあります。入社していきなりマーチャンダイザーとして働くということはほとんどありません。まずは現場の販売員としての経験を積み、その間に市場の動向やユーザーニーズ、売上げの傾向・発注や在庫管理などさまざまなことを学びましょう。

また、マーチャンダイザーになる人材は「総合職」であることが非常に強い傾向にあります。マーチャンダイザーという仕事はいわば1つの商品の「責任者」ですので、総合職から選ばれることが多くなっています。マーチャンダイザーになりたいという方は、まず転職の際にその旨をしっかり伝え、最初は販売員だったとしても総合職入社での検討をおすすめします。

もちろん、総合職でなくても通常の販売員から本部に異動となり、マーチャンダイザーの仕事に就くというケースもあります。その場合、販売員としての成績はもちろんのこと自分がいかにマーチャンダイザーの業務にチャレンジする価値があるか、面談などでアピールしましょう。

まとめ

なんとなく販売員(バイヤー)と何が違うのか分かりづらい「マーチャンダイザー」ですが、理解していただけたでしょうか。商品が生まれる前から、最終的に陳列棚に並び売上げを達成するまで長く計画を立て、目標達成にこだわり続けるこの仕事は、やり遂げた時には非常に大きなやりがいを得られます。マーチャンダイザーの仕事に興味がある人は、今回紹介したことをぜひ参考にしてください。



Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)