アシモは「生まれたところへ帰る」 日本科学未来館で展示終了へ

    東京都江東区の日本科学未来館は、20年にわたって行ってきた本田技研工業(ホンダ)の二足歩行ロボット「アシモ」の常設展示を31日で終了する。展示終了までアシモの“卒業”を祝うイベントが実施される予定で、初日の18日には多くの来場者がアシモとの別れを惜しんだ。

    31日に日本科学未来館を卒業するアシモ(日本科学未来館提供)
    31日に日本科学未来館を卒業するアシモ(日本科学未来館提供)

    アシモはホンダが2000年に発表した二足歩行ロボット。日本科学未来館には02年に“入社”し、展示案内などをする科学コミュニケーターの役割を担ってきた。今年1月末までに行ったデモンストレーションの回数は1万5571回にのぼるという。展示の終了について同施設の広報担当者は、ホンダとのレンタル契約終了にともなうものだとしている。

    今月31日までは、卒業を祝って、アシモが片足ジャンプや手話を披露する「特別実演」が行われる。初日となった18日には、1時間おきに行われる特別実演を「見納めになるから2回見たい」という来場者もいた。

    また、小学生からは「この後、アシモはどこへ行ってしまうの?」という質問があった。広報担当者は「生まれたところ(ホンダ)へ帰るんだよ、と答えるようにしている」と話している。

    アシモの常設展示は31日で終了するが、18日から8月31日まで同施設で行われる特別展「きみとロボット」では動いていない状態のアシモが展示される予定だ。


    Recommend

    Biz Plus

    Recommend

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

    求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)