• 日経平均26153.81218.19
  • ドル円135.34135.35

特急は停車するのに急行は通過「意味分からない」 京王電鉄ダイヤ改正で“逆転現象”

今月12日に実施された京王電鉄のダイヤ改正で、特急停車駅なのに急行は通過するという駅が登場し、SNSで「意味が分からない」などと話題になっている。京王電鉄も「特急と急行で種別が逆転していて分かりにくいところがある」と認めており、車内アナウンスなどを通じて情報提供を徹底する方針だ。なぜこんな奇妙な現象が生じたのか。

SankeiBiz編集部の鉄道コンテンツはこちらをクリック

特急より上位の最優等列車で有料座席指定の「京王ライナー」(京王電鉄提供)
特急より上位の最優等列車で有料座席指定の「京王ライナー」(京王電鉄提供)

特に急がない特急…「急行が下剋上」

特急停車駅でありながら急行が通過するのは、京王高尾線の京王片倉、山田、狭間の3駅(いずれも東京都八王子市)。高尾線は全7駅の短い路線とはいえ、新宿駅まで至る京王線に乗り入れている京王電鉄の大動脈の一部だ。問題の3駅はダイヤ改正前はいずれも特急と急行が通過する駅だったが、準特急は3駅を含む高尾線内の各駅に停車していた。

しかし、12日のダイヤ改正で準特急と特急が統合され、特急の停車駅が増加。3駅も特急停車駅へと“昇格”となった。一方で、急行は改正前と同様、3駅を通過するため、高尾線内では特急よりも急行の方が速く、停車駅も少ないという逆転現象が生じた。SNSのツイッターでは「さしずめ、急行が下克上」「『特』に『急』がない特急 高尾線内『急』いで『行』く急行」といった投稿も散見される。

京王電鉄によると、高尾線を走る急行は平日朝に上り3本、土休日は朝に下り1本。3駅に向かう人が、3駅を通過する急行に誤って乗ってしまうケースは限定的といえそうだ。

とはいえ、京王電鉄が特急と急行の逆転という分かりにくい事態を受け入れたのはどういうわけか。鉄道アナリストの川島令三氏は「逆転を避けるために急行を3駅に停車させれば、朝のラッシュ時に新宿駅への到着時間が遅くなってしまう。なので急行はあえて改正前と同じ通過としたのだろう」と指摘。「(上りの急行が走る)通勤時間帯は乗客もみんな乗りなれているはずだから、それほど混乱は起きないだろう」とみる。実は特急停車駅を急行が通過するケースはほかにもある。

例えば、相模鉄道の西谷駅(横浜市保土ヶ谷区)だ。特急、通勤特急、通勤急行、快速が停車するものの、急行は通過。西武池袋線のひばりヶ丘駅(東京都西東京市)も快速急行や急行が停車する一方で、通勤急行は通過している。川島氏は「こういうことをやっているのは珍しいことではない」と話す。

特急などの上位の列車種別の停車駅だからといって、必ずしも急行や通勤急行といった下位の列車種別の列車が停まるとは限らないようだ。路線図に停車駅を示すと、左右によろめいて歩く酔った人の足跡にも似ているからか、「千鳥停車」や「千鳥式運転」と呼ばれているという。通勤時間帯に特定の速達列車に混雑が集中しないよう、列車の種別によって停車駅を分散させているのだ。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)