• 日経平均26748.14-253.38
  • ドル円127.34127.37

東芝、分割計画への反対広がる 24日に臨時総会

東芝は24日、臨時株主総会を開き、分割計画について株主の意向を確認する。決議に法的拘束力はないが、東芝は多くの株主の賛同を得ることで、計画の推進に弾みをつけたい考え。ただ、臨時総会を目前に、複数の大株主が計画に反対を表明したのに続き、社外取締役の1人が株主提案議案への賛成を表明しており、波乱も予想される。

東芝は24日、臨時株主総会を開き、分割計画について株主の意向を確認する
東芝は24日、臨時株主総会を開き、分割計画について株主の意向を確認する

東芝は半導体事業などを切り離し、令和5年度下期の上場を目指している。空調、昇降機、照明の3事業は非注力事業として売却する方針だ。

東芝は昨年11月に3分割案を公表したが、今年2月になって2分割に計画を修正、株主還元の拡充も発表した。3月1日付で社長交代も実施し、株主との関係修復に努める姿勢を見せてきた。

だが、分割という重大な戦略を打ち出してわずか3カ月弱での修正は混乱を招いた。複数の大株主が新分割計画に反対を表明したほか、世界中の株主に影響力を持つ議決権行使助言会社も反対を推奨する。

臨時総会では、シンガポールの資産運用会社、3Dインベストメント・パートナーズが提案する株式の非公開化など戦略の再検討を求める議案も諮る。

会社は反対を推奨するが、社外取締役のレイモンド・ゼイジ氏は一株主として賛成する方針を明らかにし、取締役会の足並みの乱れが表面化。筆頭株主のシンガポール投資ファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネージメントも22日に同議案への賛成を表明した。同ファンドは分割計画の策定に中心的な役割を果たしてきた綱川智前社長らが唐突に辞任したことにも不信感を示している。

島田太郎社長は1日の記者会見で「全てのオプション(選択肢)を検討する」と含みを持たせる発言をしている。分割計画が過半数の賛成票を取れなかった場合、計画の再修正は避けられそうもない。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)