• 日経平均26677.80-70.34
  • ドル円127.19127.22

ローンで脱炭素化支援 西日本シティ銀と西部ガス

西日本シティ銀行は23日、西部ガスと二酸化炭素(CO2)削減につながる設備導入を対象としたローンに関し業務協力協定を締結し、ローンの取り扱いを始めた。地元企業の低・脱炭素化に向けた取り組みを資金面からサポートする。

脱炭素に向けた業務協力協定を結んだ西日本シティ銀行の今林功・営業企画部長(右)と西部ガスの内藤篤・広域産業エネルギー開発部長 =23日、福岡市博多区
脱炭素に向けた業務協力協定を結んだ西日本シティ銀行の今林功・営業企画部長(右)と西部ガスの内藤篤・広域産業エネルギー開発部長 =23日、福岡市博多区

西部ガスグループは(CO2排出量を実質ゼロにする)カーボンニュートラルの実現に向け、地元企業に対し、石炭や石油系燃料から、CO2排出量が比較的少ない液化天然ガス(LNG)や都市ガスへの転換を提案している。

西部ガスによると、燃料を重油からLNGに切り替えた場合、CO2排出量は約30%削減される。

LNGや都市ガスへ燃料を転換する場合、新たな設備導入が必要となるため、同行は専用のローンを用意して、脱炭素の取り組みを促す。

ローンの対象となるのは、空調機器やボイラー、LNG貯槽などで、西部ガスグループが提案したCO2削減につながる設備に限る。借入金額は100万円以上で、借入期間は変動金利が1年以上、15年以内、固定金利が5年以上、15年以内。

同行は、製造業を中心に年間50件程度の融資を想定している。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)