• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.20

「ドライブ・マイ・カー」米アカデミー賞は 欧米が評価する3点

世界最高峰の映画賞「第94回米アカデミー賞」に作品賞、監督賞、脚色賞、国際長編映画賞の計4部門でノミネートされた濱口竜介監督(43)の「ドライブ・マイ・カー」。日本映画が作品賞の候補になるのは初めてで、その行方が注目されている。授賞式は27日(日本時間28日)にロサンゼルスで行われる。

多言語劇の稽古で「本読み」をする、「ドライブ・マイ・カー」の一シーン©2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
多言語劇の稽古で「本読み」をする、「ドライブ・マイ・カー」の一シーン©2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

作品は最愛の妻を亡くした舞台俳優で演出家の主人公の悲しみや葛藤、そして再生を描いている。村上春樹さんの同名小説が原作で、他の短編小説の要素も盛り込み構成されている。昨年のカンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したほか、今年1月には米アカデミー賞の前哨戦とされるゴールデン・グローブ賞で非英語映画賞を受賞した。

海外の映画事情に詳しい映画評論家、立田敦子さんは、欧米で高く評価されている3つのポイントを挙げる。まずは「世界的に評価されている村上春樹の原作を、さらに発展させる形で書かれた脚本の素晴らしさ」。2つ目は「世界的に知名度が高い広島を舞台に、現代の物語を紡いでいる点」という。

3つ目は、映画の中で展開される、手話を含む多言語劇だ。出演者が無感情でひたすら台本を読む「本読み」の稽古風景は、濱口監督自身が映画製作の現場で実践してきた独特の演出方法であり、そういった表現方法への深い考察が作品からは伺えるという。

作品賞受賞の可能性はどうか。最多の12ノミネートとなった「パワー・オブ・ザ・ドッグ」は、これまで作品賞の受賞例がない動画配信サービス大手(Netflix=ネットフリックス)の作品という〝ネック〟がある。このほか、街の分断を描いた「ベルファスト」がロシアのウクライナ侵攻により注目されているほか、「コーダ あいのうた」にも勢いがある。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)