• 日経平均28938.03-4.11
  • ドル円136.25136.26

電子部品関連、6割が需要拡大見込む 人材難が課題 群馬経済研調査

群馬銀行系のシンクタンク、群馬経済研究所(前橋市)は群馬県内の電子部品・デバイス・電子回路製造業に対しアンケートを実施し、今後、電子部品などの需要拡大が見込まれるとの回答が6割に達した。ただ、人材不足など経営上の課題を指摘する声も目立った。

同研究所によると、県内の電子部品・デバイス・電子回路製造業の製造品出荷額は全国33位の2059億円(令和元年)で、過去10年はおおむね横ばいで推移する。

調査結果では、第5世代(5G)移動通信システムや電気自動車(EV)の普及、デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展などを背景に、電子部品などの需要が「大きく拡大する」「ある程度拡大する」との回答は合わせて60%に上った。

反対に「縮小する」との回答は16・7%。理由としては新型コロナウイルス禍の長期化や半導体不足への懸念があるとした。

現状で抱える課題としては、「人材不足」「受注が不安定」「原材料不足・調達難」を挙げる声が目立った。人材不足については、給与水準の引き上げや福利厚生面の充実などに取り組むとの回答が多かった。

アンケートは昨年12月、県内企業150社に郵送配布し、有効回答数は30社(回答率20%)だった。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)