• 日経平均27109.84-201.46
  • ドル円145.01145.04

2月住宅着工6・3%増 12カ月連続プラス

国土交通省が31日発表した2月の新設住宅着工戸数は前年同月比6・3%増の6万4614戸となり、12カ月連続で増加した。首都圏を中心にタワーマンションなど大規模物件の着工が多かったことが寄与した。

国土交通省=東京・霞が関
国土交通省=東京・霞が関

分譲住宅は23・3%増の2万1453戸と2カ月ぶりのプラス。このうちマンションが43・5%増の9727戸と大幅に伸び、一戸建ては10・7%増の1万1590戸だった。

投資用不動産である貸家は、4・6%増の2万3583戸と12カ月連続で増えた。

一方、注文住宅の持ち家は5・6%減の1万9258戸で3カ月連続のマイナス。建築費の高騰などで購入をためらう動きが出たとみられる。

三大都市圏では首都圏が21・0%増、中部圏が20・7%増、近畿圏は14・1%減だった。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)