• 日経平均27120.53128.32
  • ドル円144.76144.79

堀内担当相退任「全力で頑張った」 答弁に批判も

堀内詔子ワクチン担当相は31日、3月末の退任に伴い、官邸で岸田文雄首相に辞表を提出した。堀内氏は辞表提出後、記者団に「全力で今まで頑張ってきた」と振り返った。新型コロナウイルスのワクチン担当相は松野博一官房長官が兼務する。

岸田文雄首相に辞表を提出後、官邸のエントランスに姿を見せる堀内詔子ワクチン担当相=31日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
岸田文雄首相に辞表を提出後、官邸のエントランスに姿を見せる堀内詔子ワクチン担当相=31日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

堀内氏は昨年10月の岸田内閣発足に伴い、衆院当選3回で閣僚に抜擢(ばってき)された。ただ、12月の参院予算委員会では答弁がかみ合わず審議が一時中断。知名度や発信力のあった前任の河野太郎自民党広報本部長と比較され、適正を疑問視する意見もあった。

ワクチンの3回目接種をめぐっては、与野党から遅れを批判する声が出て、首相は2月上旬に1日100万回の政府目標を示した。当時の接種率は1割未満で、堀内氏直轄のワクチンチームの人員を増やすなどして接種の加速を図った。

堀内氏も自治体との意見交換などに力を入れた。ある首長は「国の考えが理解でき接種を早く進められた」と評価した。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)