• 日経平均26422.05248.07
  • ドル円144.63144.66

米、石油1日100万バレル放出 過去最大 大統領、国内の生産増も

バイデン米大統領は3月31日、高止まりする石油価格の抑制に向け、石油備蓄から今後6カ月間、1日当たり100万バレルを放出すると発表した。5月から開始。放出規模は最大で計1億8千万バレルに達し、米国史上で最大という。備蓄放出と合わせて、国内で原油の増産を目指す方針も表明した。供給が減少したロシア産を穴埋めし、需給の逼迫(ひっぱく)に対処する。

米首都ワシントンにあるホワイトハウス(共同)
米首都ワシントンにあるホワイトハウス(共同)

バイデン氏はホワイトハウスで演説し、「プーチン(ロシア大統領)の戦争がガソリン高騰の理由だ」と述べ、ウクライナを侵略したロシアを非難した。備蓄放出の効果で「価格は下がる」と強調した。

米政府は同盟国と協調して放出する方針で、バイデン氏は、米国以外からの供給量が「3千万~5千万バレルあたりになると推測している」と話した。

石油備蓄の放出に関しては、主要消費国が加盟する国際エネルギー機関(IEA)が4月1日に緊急会合を開き、協調放出を協議する見通しだ。

IEAでは今年3月初めに、加盟国が連携して計6千万バレルの放出を決定。米国分が3千万バレルを占めた。

バイデン政権の高官は電話会見し、経済・金融制裁を受けてロシアの原油供給が途絶える「(市場の)構造的な課題に対処する」ために、継続的な放出を実施すると説明した。

バイデン政権は国内生産量の引き上げに本腰を入れる。政府の土地で掘削許可を得ながらも、実際に産出していない事業者に手数料を課すなどの制度改正を進め、生産増を促す方針だ。

バイデン氏は「年後半にかけて生産が増えるまでの橋渡しとして、(備蓄を放出して)供給を増やす」と指摘。制度改正を急ぐよう議会に求めた。

記者会見したホワイトハウスのディース国家経済会議(NEC)委員長は、国内生産は今年7~9月期の終わりまでに、日量100万バレル程度の増加を見込んでいると話した。(ワシントン 塩原永久)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)