• 日経平均25935.62-457.42
  • ドル円135.19135.29

「20分後に殺しに来る」 ウクライナ首都近郊・ブチャ在住の夫妻、露軍兵の恐怖証言

「これは戦争ではなく、ジェノサイド(民族大虐殺)だ」。ロシア軍が撤退したウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊のブチャなどで多数の民間人が犠牲になったことが判明し、国際社会に衝撃と非難の声が広がっている。日本に住むウクライナ人女性は「あまりにひどく、言葉もない。今明らかになっている露軍の残虐な行為は、氷山の一角だ」と憤った。

2日、ウクライナ首都キーウ近郊ブチャで、破壊されたロシア軍の装甲車両(ロイター=共同)
2日、ウクライナ首都キーウ近郊ブチャで、破壊されたロシア軍の装甲車両(ロイター=共同)

「あと20分後に殺しに来る。逃げるなら今だぞ」。露軍の若い兵士は、一般市民の家にいきなり押し入り、声を張り上げた-。

4日、産経新聞の取材に応じたウクライナ出身の会社員、木岡ユリヤさん(33)=大阪市=は、ブチャ近くの一軒家に住む親戚から聞いた証言をこう説明した。

ユリヤさんによると、親戚夫妻はロシアの侵攻後、激しい露軍からの砲撃から逃れるため、自宅の地下室での生活を余儀なくされていた。

侵攻から約1週間。次第にひどくなる砲撃や発砲音におびえながら過ごしていたところ、突然、玄関のドアが壊され、露軍の兵士が入ってきたという。

30代の妻はユリヤさんに「市民の車も容赦なく撃たれていた。家に残っていたら露軍に殺されると思い、何とか車で逃げ出した」と避難するまでの恐怖を語った。

夫妻は現在、ウクライナ西部の街で避難生活を送っている。「本当に怖かったと思う。露軍は子供や女性にもひどいことをしていると聞く。許せない」とユリヤさんは非難する。

キーウ近郊に住むユリヤさんの友人からは、「露軍の撤退後、避難先から家に戻ると、家の中の多くの物が盗まれていた。自宅に放火された住民もいる」という連絡も入った。ユリヤさんは「露軍が罪のない市民にどれだけひどいことをやってきたか。今後、明らかになると思う。人間がやることとはとても思えない」と声を震わせた。

キーウ市内にとどまっていたユリヤさんの60代の両親も現在はポーランドへ向けて避難中だといい、「キーウから露軍は撤退したといわれるが、再び全土を一斉攻撃するかもしれない。どうなるか本当に分からない。国際社会はさらに強い制裁をするべきだ」と訴えている。(田中一毅)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)