• 日経平均00
  • ドル円126.72126.75

がん検診コロナ前の1割減 21年、早期受診呼びかけ

2021年に自治体が実施した胃、肺、大腸、乳房、子宮頸部のがん検診の受診者数は19年比1割減で、新型コロナウイルス流行前の水準には戻っていないとの調査結果を、日本対がん協会が4日公表した。20年よりは回復した。

同協会の担当者は「20年に受診を控えた人のうち、かなりの人が21年には受診したとみられるが、2年連続で受診を控えた人も一定数いる」と指摘。がんが進行してから見つかる恐れがあるとして、早期の受診を呼びかけている。

調査は2~3月に実施。自治体から検診を受託する同協会の全国42支部中、33支部から回答があった。20年の受診者は19年比27%減と大きく減っていたが、21年の受診者は20年比で24%増と回復。一方、新型コロナ流行前の19年と比べると10%減だった。

19年比で減少幅が最も大きかったのは胃がんの検診で13%減だった。最も小さかったのは子宮頸がんだが、8%減っていた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)