Bizプレミアム

「FIRE」達成で直面する悩み…“職業欄”どう書くべきか たぱぞう×おけいどんFIRE対談(5)

普通の会社員として働きながら支出を切り詰め、多くを投資に回すことで1億円以上の資産を形成した人気投資ブロガーのたぱぞうさんと、投資家兼コラムニストのおけいどんこと桶井道さん(48)。40代にして経済的に自立し、お金のために働く生活から解放される「FIRE」(ファイア)を実現した2人の目に、FIRE達成後の世界はどう映ったのか。全5回の対談で最終回となる今回は、近年のFIREブームの背景や今の生活について語ってもらった。

1日500円の節約で「老後2000万円問題は解決する」 たぱぞう×おけいどんFIRE対談(1)

「危機は資産増やす好機」投資始めるなら“投信”一択 たぱぞう×おけいどんFIRE対談(2)

初心者にオススメ「ほったらかし投資」テッパン3銘柄 たぱぞう×おけいどんFIRE対談(3)

目標貯蓄額は? 証券会社の選び方は?「これが最適解」 たぱぞう×おけいどんFIRE対談(4)

「FIRE」達成後、職業を尋ねられた時に困ることがあるという。FIREや投資家というのはまだ、一般にはあまり通用しないようだ(Getty Images)※画像はイメージです

「投資家」「FIRE」は世間ではまだ通じない

桶井さん

FIREとか投資家とか言っても、一般にはまだまだ通用しないですよね。ちょっと怪しいと言いますか(笑)。

たぱぞうさん

おっしゃる通り、会社を辞める時、職場に説明するのは時間がかかりましたね。「会社を辞めて何をするの?」と聞かれたので、私は「物書きになります」と言いました。

今もFIREについて説明するのは時間がかかるので、「会社経営者」と名乗っています。その方がウケがいいんです。「どういうことやってるの?」と聞かれたら、「不動産賃貸業」と答えます。そうすると、「ああ、なるほど。儲かっているんですね」と納得されます(笑)。おけいどんさんはどうでしたか?

桶井さん

実は、私がFIREしたことは両親以外には知らせていないんです。周辺には「脱サラして、フリーランスになった」と伝えています。

たぱぞうさん

なるほど。ご両親の反応はいかがでしたか。

桶井さん

私が、執筆業をしたり、「子ども食堂」のボランティアをしたり、新しい役割を見つけて活動したりしていることを評価してくれています。人生100年分の資産も、不労所得も用意できていますから、特に心配はされていません。

むしろ、父は難病を患って介助が必要で、母もがん手術を終えたばかりで、両親のことを私が看ることができるので、感謝されています。しっかりと恩を返していきたいですね。FIREと親孝行は親和性が高いと思っています。

たぱぞうさん

それは素晴らしいですね。桶井さんの周囲にもFIREをされた方はいらっしゃるのですか。

桶井さん

心当たりがあるのは2人ですね。一人は学生時代の友人で、大家業をしています。本人は、借り入れが多くて経済的自由には到達していないということで、「セミリタイアだ」と言っています。

今も会社員並みに忙しく働いていて、私から見るとリタイアっぽくは見えませんが、これは個人の価値観の問題ですから否定はできません。私も結構忙しくしていて、「それFIREではないでしょ」とSNSで突っ込まれる時がありあすから(笑)。

もう一人は、私が勤務していた会社の同僚で、脱サラしてカフェを開業しました。金銭的には余裕があるように見えますのでFIREに近いかなと思います。とはいえ、定休日が週に1日だけ。会社員時代より忙しそうで、こちらもリタイアとはほど遠いですね。カフェは雑誌や新聞に掲載されたり、お店を拠点に慈善事業も始めたりしていて、とても充実しているようです。

私も含め3人の共通点は、会社という組織から早期退職して、好きなことを仕事にしている、ということでしょうか。

お金のにおいを出すのは危険

たぱぞうさん

おけいどんさんはFIREを達成して困ったことはありましたか。

桶井さん

世間体は気になりませんでした。世間体とは、自分が勝手に自分の心の中で作り出すもの、現状維持バイアスだと思っています。今はリモートワークも普及しましたし、平日に自宅にいる人は珍しくありません。平日がお休みの職業だっていくらでもあります。

老後資金が不足しないように金融庁がまとめた報告書

ただ、たぱぞうさんも先ほどおっしゃっていましたが、職業を尋ねられた時は少し困ることがありますね。世間話では「フリーランス」や「個人事業主」と答えています。さらに質問されたら、「本を出したり、コラムを書いたり、執筆業です」と答えます。

あとはかしこまったシーンです。母が入院する時に、病院の保証人欄にある職業に何と書くか。携帯電話の機種変更の際に、職業欄に何と書くか。不審者を見つけて110番して警察官に勤務先を聞かれた時、答えに詰まりそうになりました。

病院では「フリーランス」と書きました。携帯電話のときは、当時、父がまだ会社を経営していて、私は難病になった父の代理を務めていたので、父の会社名を書きました。警察には、FIRE直前で会社に行っていなかったものの籍はあったので、会社名を答えました。今後は「フリーランス」とか「執筆家」と答えるつもりです。

「投資家」はまだまだ通用しませんね。怪しいと思われる。FIREは絶対にダメです(笑)。世間ではまだ通じないし、仮に通じるとしても、お金のにおいを出すのは危険です。経済的自立、つまりお金があることを実社会でにおわせるのはデメリットが大きいと思います。

たぱぞうさん

私は金融資産が1億円に到達し、その資産を管理するためにプライベートカンパニーを設立しましたが、おけいどんさんは法人化は考えていないのですか。

桶井さん

おかげさまで昨年は50件以上の取材や寄稿に対応しました。SankeiBizさんもそうですが、もう1社コラムを連載させていただいている出版社があります。ただ、出版社によって原稿料の支払いが翌月払いであったり、4カ月後であったりバラバラで、確定申告のために「仕入れ」を立てるのが面倒なので、今のところは個人でやっています。

たぱぞうさん

そういうことでしたか。それにしても、最近はFIREがちょっとしたムーブメントになっていますよね。

桶井さん

はい。そのムーブメントの背景には、新型コロナウイルス禍であるという特殊要因も働いているのではないかと感じます。満員電車やオフィスなどでは感染のリスクもあります。賃金や雇用も不安定です。著名な財界人が、終身雇用の限界だったり、45歳定年説に言及したりしていることも要因でしょう。

たぱぞうさん

そうですね。あと、仕事の質も変わってきたということもありますね。昔の仕事って結構、シンプルな部分があったと思うんです。ところが、高度に発達した現代社会ではコンプライアンス(法令順守)とかが厳しいので、書類仕事やネゴシエーション(交渉)が増えて、本来やりたい仕事に寄り添えないような仕組みになってきているところがあるのかなと感じます。それは、組織が大きければ大きいほど、そういうプロセスがあるのは当然、それは従業員を守るためでもあるわけです。

その半面、そういう仕事ってつまらないですよね。私もそう思っています。だんだん、何のために仕事しているのか分からないということになっていきます。

桶井さん

おっしゃる通りですね。60歳定年まで普通に働くと、退職金と年金で普通に幸せな老後が訪れるという昭和のスタンダードモデルがなくなったことも大きいと思っています。一つの会社だけに頼れない、一つの収入だけに頼れない、そして老後も年金だけではダメだと考える人が増えているんでしょうね。一方で、国は70歳定年に持っていきそうな気配もありますし、やはり年金問題があって、FIREを意識する人が増えているのだと思います。

とはいえ、失望していても仕方がなく、行動することでしか解決できません。それがFIREムーブメントにつながったのだと、私は思います。

たぱぞうさん

なるほど。現代はよく個性の尊重ということが言われます。学校教育でも個性が尊重されていて、今、個性を尊重しない人というのはいないと思います。受け皿としての社会というのは、まだまだそこまで成熟していないように見えますけど、いったん外に目を向けてみると、さまざまな生き方をしている人はいるんですよね。

FIREを契機に「自分が生きたい」人生と向き合う

桶井さん

あとFIREを意識する人が増えた理由としては、米国株投資のハードルが下がったということもありますね。

米国株は歴史的に右肩上がりに成長を継続しているという(Getty Images)※画像はイメージです

たぱぞうさん

確かに、昔と比べると、ネット証券が普及した今は、米国株に投資しやすい環境が整っていますね。

桶井さん

米国株は歴史的に右肩上がりに成長を継続しています。そのことに気が付いた若者が多いんだと思います。たぱぞうさんは6冊も出版されていて、その道の第一人者ですが、私もFIRE本を出して、米国株について触れています。ネットやメディアでも米国株が盛んに報道されています。多くの個人ブログもあります。私は2017年にたぱぞうさんのブログに出会い、2018年から米国個別株を始めました。このようにいろんな形で簡単に米国株情報にアクセスできます。

そして、たぱぞうさんのおっしゃるように、ネット証券です。ネット証券が特定口座に対応するようになりました。さらに、スマートフォンの発展です。スマホでポチれば米国株が買えるんです。米国株が非常に身近になった。これも理由だと思いますね。

たぱぞうさん

FIREというのを一つのきっかけとして、自分が生きたい人生というものと向き合ってみることは、とても良い体験になるのではないかと思いますね。

桶井さん

本当にその通りです。昨今、若い方は、日本の労働環境や仕事現場には前向きになれないことが少なからずあるでしょうけど、FIREという選択肢もあるわけです。そういう生き方もあることを知っていただき、ぜひ前向きな人生を歩んでいっていただきたいと思います。

たぱぞうさんのYouTubeチャンネル「たぱぞう投資大学」

おけいどんさんのブログ「おけいどんの適温生活と投資日記」

普通の会社員が47歳で貯蓄1億円に…経済的自立を目指す「FIRE」達成の極意

この5回の対談のなかで具体的な銘柄および各種投資法に言及していますが、投資に関するあらゆる意思決定、最終判断はご自身の責任において行われますようお願いいたします。ご自身の資産運用などにおいて損害が発生した場合、SankeiBiz編集部並びに対談に登場するたぱぞう、桶井道の両氏は一切の責任を負いかねますのでご了承ください


人気の記事

劣等感にさいなまれた豊臣秀吉は、己の兄弟姉妹を惨殺する残酷な男だった

小中高での金銭教育開始 子供から大人までお金について学ぶ時代に突入 あなたの知識は大丈夫?

「人生の成功、失敗は80歳まで分からない」何社もクビになり、3度も破産した男が伝説の起業家になったワケ

「職場の苦手な人」と仕事をしなければならないときに効く…禅僧が教える“心が軽くなる時間の捉え方”

「なぜ再び出社する必要が?」部下に聞かれたときの超一流上司の回答、三流上司の回答

SankeiBiz編集部員

SankeiBiz編集部員が取材・執筆したコンテンツを提供。通勤途中や自宅で、少しまとまった時間に読めて、少し賢くなれる。そんなコンテンツを目指している。

©2022 SANKEI DIGITAL Inc. All rights reserved.