• 日経平均26895.57-105.95
  • ドル円127.99128.00

「日本の存在感、世界に」 JICAの田中理事長が就任会見

1日に国際協力機構(JICA)の理事長に就任した田中明彦氏(67)=前政策研究大学院大学長=が8日、都内の本部で記者会見を開いた。直近の課題に新型コロナウイルスの影響で減った世界各地の人員の回復などを挙げ、「日本の存在感を世界に示すのが使命。できる限り現場に出向き、日本の開発協力を推し進める」と述べた。

田中氏は2015年9月までの約3年半、理事長を務め、2度目の今回は公募で選ばれた。任期は27年3月末までの5年間。

田中氏は、低成長が続く日本が経済力を背景に国際協力を行うのは「限界がある」と強調。日本の強みは「知的影響力や人と人のつながり」とし、近代化の経験を途上国に伝える活動に注力する考えを示した。

また、ロシアのウクライナ侵攻とコロナの複合危機が「脆弱(ぜいじゃく)な人々」を生んでいるとして、「ウクライナ避難民らの支援は喫緊の課題」と指摘。民主、専制の体制間競争が続く中、「自由で開かれたインド太平洋の実現」の重要性なども語った。(桑村朋)


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)