• 日経平均26947.01-54.51
  • ドル円127.65127.68

「100周年トレイン」出発進行 東急、全路線に順次投入 ラッピング車両や車内で歴史紹介

今年で創立100周年を迎える東急は10日、100周年のロゴマークを基調とした車体ラッピングや、車内に同社の歴史を紹介するポスターをあしらった特別企画列車の運行を始めた。この日は目黒線で運行をスタートし、ほかの東急路線でも4月中に順次投入される。今回の「100周年トレイン」は来年3月末まで運行する予定。

100周年を記念したラッピングが施された東急目黒線の3020系「東急グループ100周年トレイン」=10日午前、川崎市中原区の東急電鉄元住吉検車区(桐原正道撮影)
100周年を記念したラッピングが施された東急目黒線の3020系「東急グループ100周年トレイン」=10日午前、川崎市中原区の東急電鉄元住吉検車区(桐原正道撮影)

鉄道会社としてスタートした東急グループは、東急電鉄の前身である目黒蒲田電鉄株式会社が設立された大正11(1922)年9月2日を創立日としている。

東急が初めて街づくりを手がけた地である田園調布駅では10日、100周年トレインの出発式典が行われた。東急の野本弘文会長は「この田園調布は今から100年前、渋沢栄一翁が理想的な田園都市をつくるということで街づくりを行ったことが始まり」と説明。都心との交通を結ぶために目黒蒲田線(現目黒線)が整備されたとし、「100年前からその良さを随所に残して今日に至った。それを保っていただいたのも地元の努力があったればこそだ」と感謝を述べた。

その後、同駅に到着した100周年トレインに出席した地元住民らが乗り込むと、真っ白な制服に身を包んだ木下哲駅長は手を上げて出発の合図を送り、ゆっくりと走り出した電車に手を振って見送った。

田園調布駅で「東急グループ100周年トレイン」に乗り込む関係者ら=10日午後、東京都大田区(桐原正道撮影)
田園調布駅で「東急グループ100周年トレイン」に乗り込む関係者ら=10日午後、東京都大田区(桐原正道撮影)

100周年トレインは東急が運営する目黒線▽池上線(運行開始は13日)▽田園都市線(同17日)▽世田谷線(20日)▽東横線(25日)▽多摩川線(27日)▽大井町線(29日)-の7路線で各1編成ずつ運行。

車体にちりばめられたロゴマークは、線路を示す2本線と「100th」の数字で構成され、安心安全や環境を表す緑、東急グループのロゴカラーである赤、利用客や豊かさを示す黄で彩られた。ラッピング車両は7路線のうち、目黒、田園都市、東横、大井町の4路線を走る。

また、7路線共通で100周年トレインの車内窓上部分に、同社の事業や車両の歴史をそれぞれ写真付きで紹介するポスターシリーズが貼り付けられた。「青ガエル」と呼ばれて親しまれた昭和29年導入の「5000系(初代)」など歴代車両が一覧できる。

また、「始まりの路線」である目黒線のみ、田園調布の100年史を紹介するポスターシリーズも掲出されている。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)