• 日経平均26491.97320.72
  • ドル円135.17135.27

国内景気「一部に弱さ」 日銀、コロナと資源高で

日本銀行の黒田東彦総裁は11日の支店長会議で、国内景気の現状について、「一部に弱めの動きもみられるが、基調としては持ち直している」と述べ、新型コロナウイルス禍や資源高による経済への悪影響に警戒感をにじませた。

日銀の支店長会議に臨む黒田総裁=11日午前、日銀本店
日銀の支店長会議に臨む黒田総裁=11日午前、日銀本店

先行きはコロナ禍の悪影響が和らぐなどとして「回復していく」としたが、ウクライナ情勢をリスク要因に挙げ、日本経済や物価に与える影響を「極めて不確実性が高い」とした。

物価については、エネルギー価格の大幅上昇などを受け、生鮮食品を除く消費者物価の前年比上昇率が「プラス幅をはっきりと拡大する」とした。

原材料の価格高騰に輸入物価上昇が重なり、企業収益は圧迫されている。まん延防止等重点措置の全面解除で対面サービスには薄日が差し始めたが、足元の新規感染者数は増加傾向で、先行きは予断を許さない。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)