• 日経平均27049.47178.20
  • ドル円136.12136.13

蚊取り線香が「渦巻き型」になった理由を説明できるか…世界初の「蚊取り線香」を生み出した“ある農家”の軌跡

PRESIDENT Online

「金鳥の蚊取り線香」を生み出したのは和歌山県のミカン農家だった。一体、どんなきっかけがあったのか。経済ジャーナリストの田宮寛之さんが解説する――。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/TinaFields
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/TinaFields

※本稿は、田宮寛之『何があっても潰れない会社 100年続く企業の法則』(SB新書)の一部を再編集したものです。

もともとはミカンなどを栽培する農家だった

大日本除虫菊株式会社(以下、大日本除虫菊)。この社名から、日本に暮らす人なら誰もが知る製品が瞬時に思い浮かぶ人は、あまり多くはないだろう。

その製品とは、通称「金鳥の蚊取り線香(正式名称は「金鳥の渦巻」)」である。

「金鳥の夏 日本の夏」という、よく知られるキャッチコピーは実に半世紀余りにわたり使用されてきた。このひと言を聞くと、多くの人が「今年も夏がやってきたんだな」と感じる、これはもはや一製品の宣伝を超えた「日本の夏の風物詩」といってもいいだろう。

その他、「かとりマット」「キンチョール」「虫コナーズ」「ゴン」──蚊取り線香のみならず、大日本除虫菊は日本人に長年親しまれてきた数々の殺虫剤、防虫剤を世に送り出してきた。137年もの歴史を持つ老舗企業であり、今なお業界をリードし続けているトップ日用品メーカーだが、その出自は意外なところにある。

大日本除虫菊の前身は、1885年(明治18)、和歌山県有田郡(現在の有田市)で創業された上山商店だ。商店といっても商材は物品ではない。上山家の家業は、すでに300年以上も続いていた上山柑橘園、つまりミカンなどを栽培する農家だった。

蚊取り線香開発のきっかけは、ミカンの輸出業

当時、明治政府は輸出を奨励していた。近代化にかかるコストを補うには、輸出で外貨を稼ぎ出すしかない。すでに日本は生糸の輸出国として欧米に知られていたが、他にも欧米に売れそうなものがあれば何でも輸出せよ、という気運が高まっていた。

こうして海外に広く門戸が開かれた時代に、上山家の四男である英一郎が、上山柑橘園のミカンを輸出しようと設立したのが上山商店である。大日本除虫菊のスタートは、ミカンの輸出業だったのだ。

上山商店初代社長となった英一郎は、ここから不思議な縁に導かれるようにして、蚊取り線香の開発に至る。

上山商店の設立と同年、アメリカ・サンフランシスコで植物会社を経営するH・E・アモアという人物が来日した。慶應義塾に学んだ英一郎は、恩師・福澤諭吉にアモアを紹介され、実家の上山柑橘園を案内した。そしてアモアの帰り際には上山柑橘園のミカンに、竹や棕櫚(しゅろ)、葉蘭、秋菊など日本特有の植物の苗を添えて渡したという。

アモアと知り合ったことがアメリカの販路開拓・拡大につながれば、という考えが英一郎にあったことは想像に難くない。もとより上山商店のミカン輸出業は順調に滑り出していたようだが、一方、アモアとの縁はまったく別の果実を英一郎にもたらした。

「除虫菊を日本で初めて実用化し、普及させた人物」

後日、アメリカに帰国したアモアから返礼品として、さまざまな植物の種が送られてきた。

「この植物を栽培して巨万の富を得た人が多い」との注意書きが添えてある「ビューハク」と表示された袋の中にキク科の多年草の種があった。

それこそが「除虫菊」、上山商店をミカン輸出業から蚊取り線香をはじめとする日用品メーカーへと変えたきっかけであり、現在の社名のもとになった運命の植物、除虫菊である。

ただし英一郎は、「除虫菊と出会った最初の日本人」ではない。公的な記録によると、英一郎が除虫菊を手にする前に内務省衛生局所有の植物園で実験的に栽培されており、殺虫効果も認められていた。にもかかわらず普及しなかったのは、栽培の奨励に当たり種を配布していた地方役人の理解不足や、新しいものを忌避しがちな農家の狭量が原因だったようだ。

こうした背景もあるなかで、英一郎は「除虫菊を日本で初めて実用化し、普及させた人物」になっていく。また、英一郎と除虫菊の出会いは、それまで日本に存在しなかった「殺虫剤工業」の始まりでもあった。1886年(明治19)のことである。

除虫菊は貧しい農家を救い、日本を貿易国に押し上げる植物だ

英一郎は、まず自分で除虫菊を育ててみることにした。花を製粉して既存のノミ駆除剤と比べてみたところ、殺虫効果にまったく遜色はなかった。そこで除虫菊を栽培する農家を増やすための全国行脚を始める。しかし、その道のりは決して平坦ではなかった。

まず直面したのは、先に国家事業としての除虫菊栽培が頓挫した理由と同様、新しいものを忌避しがちな農家からの懐疑的な目である。農家には保守的な人々も多く、たいていは除虫菊の栽培をすすめる英一郎を「得体の知れない人物」と見なして門前払いした。

それでも英一郎が諦めなかったのは、福澤諭吉の薫陶を受けたことで「貿易立国こそが日本の生き筋である」と固く信じていたからだ。除虫菊を輸出品へと育てることで貿易立国に関与したいと考えたからこそ、除虫菊普及のために西へ東へと飛び回った。

しかも、除虫菊は痩せた土地でも育つ。これならば荒れ地を持て余している農家の食い扶持になる。除虫菊は日本を貿易国へと押し上げる輸出品の1つになると同時に、貧しい農家の救済策となる可能性を秘めた、まさに一石二鳥の植物だったわけだ。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)