• 日経平均26863.33-138.19
  • ドル円127.75127.78

静岡新茶最高値1キロ196万円 初取引、「品質良好」

茶どころの静岡県で新茶シーズンの始まりを告げる「新茶初取引」が18日、静岡市葵区の静岡茶市場で開かれた。取引開始直後、同県富士宮市で生産された手もみ茶が1キロ196万円の過去最高値を付けた。茶市場によると、生育は昨年と比べると遅れているものの品質は良好という。

「新茶初取引」で1キロ196万円の最高値を付けた手もみ茶=18日午前、静岡市葵区の静岡茶市場
「新茶初取引」で1キロ196万円の最高値を付けた手もみ茶=18日午前、静岡市葵区の静岡茶市場

式典で、茶市場の内野泰秀社長は燃料や原材料の値上がりが相次いでいると指摘し「おいしい茶を適正価格で提供するため、茶市場も努力していく」と述べた。

静岡茶市場で開かれた「新茶初取引」で、そろばんを使い価格交渉をする関係者=18日午前、静岡市葵区
静岡茶市場で開かれた「新茶初取引」で、そろばんを使い価格交渉をする関係者=18日午前、静岡市葵区

午前7時に取引開始を知らせるベルが鳴ると、農協関係者や茶商らがそろばんを使い価格交渉。会場には取引成立を示す手拍子が響いた。

静岡市の製茶問屋の和田夏樹さん(35)は「色や形が良い茶を仕入れることができた」と満足げに話した。



Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)