• 日経平均26739.03336.19
  • ドル円127.85127.88

今すぐできる「MEO」 5つの施策を解説

Googleマップ上の店舗情報最適化を指す「MEO」。実店舗における集客施策として注目されているが、誤った情報が流布したり、悪質業者も横行したりする現状がある。本連載では、巷でまことしやかに囁かれる誤った手法にも触れながら、「最新の集客手法・MEO」をわかりやすく解説する。

こんにちは。口コミラボ編集ディレクターの石橋美奈子です。本連載では、実店舗における重要な集客施策として注目されつつある「MEO」について解説します。

連載第一弾では、MEOの定義について考えました。第二弾の今回は、MEOで「今すぐできる」5つの施策について解説していきます。

本記事のPOINT

MEOで「今すぐできる」5つの施策


1.まずはGoogleビジネスプロフィールのオーナー確認を

2.投稿機能、商品・メニュー機能を使う

3.写真を投稿する

4.営業時間を更新する

5.来店・予約導線を用意する

MEOの定義をおさらい

前回解説したMEOの定義について振り返ってみましょう。

従来の定義では「上位表示」が強調されることが多いのですが、これについて問題提起した上で、目的・施策を整理しました。

では、来店・予約を増やす上で、Googleマップで店舗・施設の情報を見てもらい、「来店したい」と思ってもらうためには、どういった施策が必要なのでしょうか。

ここからは、Googleビジネスプロフィールを使って、比較的簡単に対応可能な「今すぐできる」施策について、5つに絞って解説します。

1. まずはGoogleビジネスプロフィールのオーナー確認を

実は、Googleマップ上の店舗情報は一般のユーザーでも編集できます。しかしあくまでGoogleに情報を「提案」するという形になるため、情報が掲載される可能性は比較的低くなります。

オーナーとして店舗情報を管理するには、Googleビジネスプロフィールの「オーナー確認」を行います。

オーナー確認には数週間〜1カ月ほどかかる場合もありますが、これが終われば一般ユーザーよりも優先的に情報を管理できるようになるほか、以下で解説する「投稿」機能や、アクセス数などが確認できる「インサイト」、口コミへの「返信」機能などが使えるようになります。

確認方法は、まずGoogleマップに店舗の情報を登録し、オーナー確認に必要な項目を入力後、Googleから郵送または電話等で確認コードを受け取り、コードを入力すると確認完了という流れです。

詳細は Google で「オーナー確認を行う方法」をご覧ください。

2. 投稿機能、商品・メニュー機能を使う

投稿機能は、Googleマップの店舗情報に宣伝などの情報を投稿できる機能です。

季節に応じたメニューや新商品、最新の営業時間、クーポン、イベントなど多岐にわたる宣伝ができます。

投稿は、来店意欲を促すためにも活用できますが、「Google上で検索・表示される回数を増やす施策」としても有効です。

たとえば、パン屋さんが

「焼き立ての美味しいカレーパン売ってます」

と投稿した場合、「カレーパン」や「美味しいパン」「パン 焼き立て」などの語句と関連付けられ、これらの語句で検索された際に上位に表示されやすくなります。

より戦略的にやっていくのであれば「この検索語句を狙おう」といった設計が必要になってきますが、最初は「お客様がどういった言葉で検索しそうか」「お店の魅力は何か」といったことを意識しながら投稿していければ十分です。

投稿以外にも「Googleビジネスプロフィールのメニュー・商品機能を使う」「口コミを集める」「公式のWebサイトで発信する」なども検索語句との関連付けに寄与します。

※なお、「口コミへの返信」など、一部関連付けにそこまで影響しない施策もありますので、目的に応じた施策の選定が必要です。

口コミを集めるにはお客様とのコミュニケーションが、Webサイトでの発信はサイトの整備が最低限必要になってきますので、ある程度準備期間を要する場合もあるでしょう。

そこですぐに始められる施策として、投稿機能や商品・メニュー登録機能の活用から始めてみましょう。

※業種によっては、投稿機能が使えない場合があります。また、メニュー登録は飲食店限定の機能です。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)