• 日経平均27001.52262.49
  • ドル円127.74127.77

国交省が運航会社監査へ 観光船、昨年事故2回

北海道・知床の沖合で浸水し、乗客乗員26人が安否不明になっている観光船「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」を巡り、国土交通省は23日夜、対策本部会議を開き、斉藤鉄夫国交相は運航会社を監査するよう指示した。同省海事局は海上運送法に基づき24日にも監査を始める方針。観光船が昨年、事故を2回起こしていたことも明らかになった。

音信が途絶えた観光船「KAZU Ⅰ」を保有する会社=23日午後7時34分、北海道斜里町
音信が途絶えた観光船「KAZU Ⅰ」を保有する会社=23日午後7時34分、北海道斜里町

国交省によると、観光船は昨年5月、浮遊物と衝突して乗客3人が軽傷を負い、翌6月には出港後まもなく浅瀬で座礁する事故を起こした。いずれも同省の監査と指導を受けたという。

斉藤氏は会議で、観光船が知床岬灯台の南西約14キロの海上から「船首部が浸水し、沈みかかっている」と海上保安庁に通報したと説明。同省幹部をトップとする現地対策本部を24日朝に設置すると明らかにした。

海上保安庁に対しては「人命救助を最優先に捜索活動に当たってほしい」と要請した。

知床沖で事故の観光船、乗客24人、うち子供2人

「野生動物見られる」3時間のコース、航行中浸水か


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)